進化20枚!?ガチ強シャンデラデッキ「ゾンビシャンデラ」ポケカレシピ紹介

超火力、そして無限の軍勢「ゾンビシャンデラ」

こんにちは! ヘンなデッキ愛好家のインゲンです。今回はヘン……と言いつつも、発売後はめちゃくちゃメジャーなデッキになっているかもしれません。

……というくらい、「シャンデラ」がガチで強すぎるので、今記事を書いている私は震えております。

いままでのポケカではありえない動きができてめちゃくちゃ楽しいし、しかも強い、反則過ぎるデッキです。

さっそく、シャンデラのヤバすぎる動きを見ていきましょう!

このデッキの動かし方!

このデッキの主役はもちろんシャンデラです。「ソウルバーナー」は、山札の上から5枚をトラッシュし、その中のポケモンの数×60ダメージというすさまじいコスパを誇るワザです。

平気で1エネ190~250ダメージを叩き出すというTAG TEAMも真っ青の火力ですが、なんとそれだけでは飽き足らず、その中の炎ポケモンを好きなだけベンチに出せるというやりすぎなボーナスまでついています。

そう、ここからがシャンデラの恐ろしいところなのですが、この能力はなんと進化ポケモンでも進化元なしで場に出すことができるんです!!

これは、シャンデラで1エネ200前後の火力を出しながら、ベンチに強力な進化ポケモンをワラワラ出しちゃおうぜという意味の分からんことをするデッキです。

クレイジーなメンバーを紹介するぜ!

はじめにガオガエンですが、特性のおかげで自分のポケモンのワザが常に+30というダメージボーナスを受けます。

シャンデラが1撃でTAG TEAMを吹き飛ばすのも当たり前になっちゃいそうですね。

自身も2エネで120という火力を出せるので、シャンデラがいない間のサブアタッカーとして活躍もしてくれます。

シャンデラと相性が良すぎるのがマグカルゴ毎ターンデッキの上に好きなカードを持ってくることができるので、ガオガエンなど、出したいポケモンを確実に選べます。

自分の場が埋まっているときでも、必ずポケモンを1枚デッキの上に用意することでシャンデラの火力を底上げしてくれる、まさに縁の下の力持ちです。

このデッキはポケモンをなるべく多くしたいデッキなので、エネルギーはあまり多く採用できません

そんなシャンデラデッキでも、少ないエネルギーを再利用して、スキなく攻撃ができたらなぁ……そう、このデッキにはバシャーモがいます!

毎ターントラッシュから炎エネルギーを回収できるので、シャンデラが落としてしまったエネルギーもそのまま有効活用

ガオガエンやこのバシャーモのような、エネルギーをトラッシュするワザも気軽に使えちゃいます!

あまりサポートを増やしたくないシャンデラデッキにとって、貴重なポケモンのドローソースであるエンニュート

トラッシュした炎エネルギーはバシャーモに回収してもらいましょう! ただ、シャンデラの攻撃も相まってすごい勢いで山札が減っていくので、山札の枚数には注意です(相手が非GXのときは特に)!

毎ターン相手のポケモンを入れ替えさせるウルガモス。場に出すポケモンは相手が選ぶので、ウルガモスが必要になるのは1試合に1度あるかな~程度なのですが、バチッとハマった時に得るアドバンテージはすさまじいですよ!

シャンデラが全滅してしまった時の最後の切り札としてバシャーモGXを採用してみました。

3エネルギーないとまともに攻撃できませんが、「たきつける」のバシャーモと組み合わせればそのハードルも低くなります。

「ブレイズアウトGX」も大きくテンポを奪える強力なワザなので、ベンチに置いているだけでかなりのけん制になります!

さて、シャンデラが一度出てしまえば強いのはわかりましたが、はじめにシャンデラを出すまでをサポートしてあげたいところ。

そこで今回はアローラキュウコン親子を採用しています。このデッキのたねポケモンは「アローラロコン」と「ヒトモシ」のみなので、こんなデッキでもなかなか事故が起きません。

アローラキュウコンGXは「ポケモン通信」と「ふしぎなアメ」を持ってくることができるので、そのままシャンデラが完成! これだけのパフォーマンスをしつつ、この親子ももちろんポケモンなので、しっかりとシャンデラの火力を上げることができるので相性バツグンです!

 

 

カスタマイズするなら?

ウルガモスと交代でキュウコンを採用するのもアリかもしれません。こちらは相手のポケモンを狙い撃ちできるので、より試合を有利に運びやすいですね。

ただ、手札の炎エネルギー2枚と引き換えなので、もう少し炎エネルギーを増やすか、「火打石」を採用してあげるなど、何かしらの工夫が必要な1枚です。

自分のデッキから2枚をデッキの一番上に持ってくる「マオ」も相性がいいですね。シャンデラで出したいポケモン……例えば、エンニュートと2体目のシャンデラが欲しい! という時はその2枚を選ぶことができますし、かなり臨機応変に戦えるようになります。

残りのデッキをシャッフルしてしまうので、マグカルゴと競合してしまうという理由で今回は不採用にしましたが、マオを採用するレシピも多くなるんじゃないかなあと思っています。

ヒトモシやシャンデラなど、限られたキーパーツを失ってしまうと何もできなくなってしまうので、レスキュータンカを採用するのもオススメ!

今回はふしぎなアメ前提のリストにしたのでランプラーは採用していませんが、1,2枚採用しておくと安定感が増します。シャンデラの「ソウルバーナー」でランプラーが場に出れば、手札にあるシャンデラが腐ることなくプレイできるのも嬉しいですね。

このデッキを対策するなら?

とにかく、戦力的にもデッキの周りの面でもシャンデラが中心になっているデッキなので、シャンデラを集中攻撃してしまいましょう!

速攻を仕掛けられるデッキなら、ヒトモシのうちにガンガン倒してしまうことができれば、有利どころか完封勝利までできてしまうはずです。

一度シャンデラが出てしまったらなるべくすぐに撃破しましょう!

ついサイドがおいしいアローラキュウコンGXやカプ・テテフGXと戦いたくなってしまいますが、勝利が見えているときでない限り、シャンデラを相手にすることをオススメします!

 

他のデッキもご一緒にどうぞ!

AFTER TALK “This is not bug”

Thank you for your reading. I`m Ingen , author of this article.

I expect that you wonder why is this “AFTER TALK” written in English , but there is no reason.

I`m not very good at English , however I like. I have an Indian friend and we talk in English , This is why I like it , I think.

By the way , do we needed to learn advanced English ? Actually, we can communicate with foreigner in junior high school level English to a certain extent. (← Is this phrase correct ?)

We need not advanced English skill but to have courage to speak to others.

Ah yappa chant shita eigo kakuno tsukareru-na.

See you guys! Please check out other articles!

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG