「タッグボルト」ノーマルカードで強いのは誰?トレーナーズ編【ポケカ】

トレーナーズの大注目カードはコイツだ!

エリカのおもてなし/カード評価:9点

かわいいですね。小学生の頃、「ファイアレッド」に登場したエリカのドット絵にドキドキしていたのを思い出しました。

さて、このカードもかなり強いです。ドローサポートの宿命として「リーリエ」「シロナ」との比較がありますが、このカードにしかない長所もちゃんとあります。

例えば相手の場にポケモンが6体いたとして、自分の手札が3枚だとしましょう。リーリエ、シロナを使うと勿論手札は6枚になりますが、「エリカのおもてなし」を使うとその枚数は8枚に! しかも、残しておいた大事なカードをデッキに入れてシャッフルする必要がないので、ものすごく強力なドローカードになります!

しかし、このカード最大の弱点は「最初の番」。特に自分が先行だった場合、最初の番に相手のポケモンはあまりいないはずなので、ほとんどドローすることができません。対してシロナはいつ使っても強力ですから、そこに大きな差が生じます。

しかも、「エリカのおもてなし」で手札を大量に手に入れた後、次のターンに続けて「エリカのおもてなし」を使うのは、手札の枚数が多すぎて難しい、という点もこのカードの短所になりそうです。

ですから、使い方としては、「最初のターンに強いリーリエ」「いつ使ってもバランスのいいシロナ」「中盤以降のピンチに強いエリカのおもてなし」という3つの役割に分け、その中でもエリカは終盤に1枚引けていればいいカードなので、2~3枚程度に枚数を抑えてデッキに採用する、というパターンが有力かと思います。

それでも、そもそも「リーリエ」「シロナ」と比較して引けをとらない時点で強いカードであることに間違いはないので、2枚くらいは手元に持っておきたいカードではないでしょうか。


 

タケシのガッツ/カード評価:5点

いや~格好いい! タケシの作画はアニメ寄りですが、衣装は「ピカブイ」のものです。この掛け合わせはポケカでしか見れませんね。最高です!

このカードは、昔のポケモンカードにも存在していて、サンムーンレギュレーションに復活する形で登場しました。イラストが現代的になって、ファンとしては嬉しい限りです。

性能面ですが、頻繁に使うカードではないけれど、「持っておくとたまに役立つ」カードという印象です。

ポケカはトラッシュからリソースを回復する手段が極端に少ないので、6枚という数と、ポケモン、エネルギーのどちらに対しても使える点は非常に強力です。

「レスキュータンカ」のほうが勿論使い勝手はいいですが、タケシのガッツにしかできないことも勿論あります。

たとえば、同じくタッグボルト収録のキュウコンの「きゅうびのいざない」で手札の炎エネルギーを繰り返しトラッシュしてしまうと、デッキに入っているエネルギーの枚数そのものが足りなくなってきます。

そこでタケシのガッツを使ってあげることで、デッキに炎エネルギーを回復させ、直後に「火打石」を使ってあげることで再度炎エネルギーをたくさん用意する、という動きができたりするわけです。

それにしても、「タケシ」ってだけで使いたくなっちゃいますよね。アニメでは数々の笑いと感動をくれた人ですから、愛着が深い方も多いのではないでしょうか。


 

ナツメの暗示/カード評価:2点

悔しいですが、実践で使うのはかなり難しいように思います。この「ナツメの暗示」をデッキに入れるくらいなら、他のサポートを入れればいいわけですからね。

ただ、ナツメの暗示にしかできないことは、「相手の手札を見る」というところ。本来決して強力な効果ではありませんが、このサポートをターンのはじめに使ってあげれば、その後にポケモンの入れ替えやワザの使い分けを考えられるので、ちょっと嬉しい!

相手のそのサポートをトラッシュさせる、だと強すぎますかね。絶妙な塩梅が難しいです。

実践で使うのは難しいと言いましたが、これが勝負の決め手になるとめちゃくちゃ格好いいのも確かです。一回決めて、ヒーローになってみたい!


 

マサキの解析/カード評価:8.5点

厳密には2週間前に発売されているイーブイGXシリーズのデッキに収録されているので「新規カード」ではないのですが、一応紹介しておきます。

で、強いんですよこれがまた!

ドロー枚数で言うと2枚なので、「ハウ」よりも劣るパフォーマンスなのですが、言うまでもなくサーチ能力が高い!

 

似た能力で、バトル場で眠らせないと発動できないジラーチが、「5枚見てトレーナーズを1枚加える」という効果なのですが、マサキの解析は「7枚見て2枚加える」。

勿論ポケモンの特性とサポートなのでなかなか比べようがないですが、このジラーチが大人気な今、マサキの解析も弱い訳がありません

スタジアムやポケモンのどうぐなど、中には特定のトレーナーズがないと成り立たないデッキも沢山ありますので、そういったコンセプトデッキにとって「マサキの解析」はめちゃくちゃ心強い味方になることと思います。

 

スポンサーリンク

 

ムキムキパッド/カード評価:7.5点

「ムキムキダンベル」と似た効果ですが、こちらはにげるエネルギーが4個のポケモンが対象で、HPが50も増加します。

カードリストを調べてみましたが、現存のポケモンでこの「ムキムキパッド」で日の目を浴びそうなポケモンは案外少ないので(強いて言うならアクジキングGX)、今後登場するタッグチーム向けのカードと考えてもいいかもしれません。

特に「セレビィ&フシギバナGX」の回復効果とはこの上なく相性がいいです。他にも、にげるエネルギー4のタッグチームポケモンを主軸にデッキを組むなら、このカードは自然に採用できそうです。

あまり頻繁に見るカードでは無さそうですが、それでも一定の需要が確約されているので、これからの活躍が楽しみな一枚です。


 

ポケモン通信/カード評価:9.5点

これも昔のポケモンカードシリーズから、同じテキストで復活したカードです! 

「ハイパーボール」とよく似たテキストで、ハイパーボールの場合は手札を2枚トラッシュしますが、ポケモン通信はその代わりに手札のポケモンを1枚デッキに戻します。

もう、この時点でめちゃくちゃ強力だというのがお分かりの方も多いかと思います。ほぼ全てのデッキに採用される「ハイパーボール」と、「どっちがいいかな~」と比べられる時点でめちゃくちゃ便利ということなんです!

特に、「デッキからポケモンを連れてくるポケモン」との相性はバツグンで、ロストマーチデッキでは「ワタッコ」をデッキに戻し、「ポポッコ」を手札に加える、ということができたり、イーブイの進化系をデッキに戻し、「エナジーしんか」の「イーブイ」を連れてきたり、などなど、ポケモン通信にしかできない芸当が沢山あります!

他にも、「ウツギ博士のレクチャー」でHP60以下のポケモンを3体連れてきて、そのうちの1体を「ポケモン通信」で別のHP70以上のポケモンと交換したりとか。

「ハイパーボール」より優れている点はいくらでもありますので、これはぜひ皆さんに集めていただきたいカードです!


 

ジャッジマンホイッスル/カード評価:7.5点

またシブいカードが出てきましたね(笑)

トラッシュから「ジャッジマン」を連れてくることができるので、相手の手札を好きな時にリセットさせられるのは強力です。

例えば、相手が「ダイゴの決断」でデッキからカードを3枚持ってきた返しのターンに「ジャッジホイッスル」でジャッジマンを呼び出せれば、相手に大打撃を与えることができます。

また、「この相手にはジャッジマンは効かないな~」と思ったら、上のキャントリップ(カード1枚を引く能力を指すカードゲーム用語)能力を使えば、シンプルに別のカードに変身してくれるので、手札で使えずに腐ることがないのは頼もしいの一言。

デッキの枠に困ったらとりあえずで入れられる、お手軽で良いカードだと思います!


 

シオンタウン/カード評価:2.5点

イラストがシンプルに怖い(笑)

ポケモンタワーの持つ迫力がこれでもかというほどありますね。この中で繰り広げられる恐怖のイベントが懐かしいです。

効果も凄くシンプルで、お互いの手札が筒抜けになるという、なんともユニークで面白い効果なのですが、これをうまく使うのは結構難しそうです。これをせずとも相手の手札を見る手段というのはそこそこあって、今回のタッグボルトでも「ミミッキュ&ゲンガーGX」「ナツメの暗示」「ペルシアン」など。

一応、同じくタッグボルト収録の「オコリザル」の「ぶちこわす」で壊す前提で場に出せば、自分だけ手札を見つつ相手に大ダメージが叩き出せます。

筆者はこれくらいしか思い浮かびませんでした! ぜひ皆さんの斬新な一手で「シオンタウン」をヒーローにしてあげて下さい。


 

トキワの森/カード評価:8.5点

個人的にかなり期待している一枚です! 自分の手札から要らないカードを1枚捨て、代わりに基本エネルギーを持ってきます。

これで「エネルギー不足」は基本的に解決できますね。いつでも好きなエネルギーを持ってこれるので、複数のタイプのエネルギーが混合したデッキには特に、欠かせない一枚になりそうです!

ポケカ公式のポニータ石井さんからもオススメされていたコンボですが、トキワの森で炎エネルギーを引っ張ってきて、キュウコンの特性「きゅうびのいざない」の素材にしてあげるという動きはシンプルながら安定感があって強力です。

割と色々なデッキから事故を減らしてくれそうで、ついつい当たり前のようにデッキに入れたくなっちゃいますが、「相手もこの能力を利用できる」ことを忘れないようにしたいですね。

つまり、自分も、相手も、エネルギーが手札に来ない事故が起きなくなるので、お互いがフルスロットルでぶつかることになります。

それはそれでめっちゃ楽しそうですが、ここはやはり「自分が相手よりもトクする」使い方ができるデッキに入れて、「トキワの森」を輝かせてあげましょう!

タッグボルト全カードリスト 各タイプのリンクはこちら!

スポンサーリンク
>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG