「タッグボルト」ノーマルカードで強いのは誰?無色タイプ編【ポケカ】

無色タイプの大注目カードはコイツだ!

プテラ/カード評価:9点

わかりやすいパワータイプのポケモンがやってきました!「かせきのキバ」で、3エネ180という凄まじい火力が出ます。

闘タイプの記事の「オコリザル」で、「非GXによる3エネ160が強い例は過去にもたくさんある」という話をしましたが、プテラはその上を行く180!!

この180がどう強いかって、「こだわりハチマキ」込みで210になるので、「ゾロアークGX」をはじめとするHP210族を一撃で吹き飛ばしてしまうところです。

それだけでなく、これに必要なエネルギーが全部無色というのもスゴい。

「ダブル無色エネルギー」が使えるだけでなく、各タイプのどんなエネルギー加速カードとも組み合わせられるので、3エネという重さを感じることはかなり少ないんじゃないかと思います。

今までも非GXポケモンの強さは相当なものでしたが、ここでさらに一大エースが加入して、今後どうなっていくかがますます楽しみです。

「レアカード=強い」ではないということを徹底できているカードゲームほど信頼できるものはありません。ありがとうポケカ!


 

ペルシアン/カード評価:9点

筆者が今回の新ポケモンで一番驚いたカードです。

ワザ「おもいしらせる」で、相手の手札の枚数が4枚になるまで、こちらが選んでトラッシュできます。

相手のドローサポートを枯らすだけでなく、エネルギーの最大数を減らしたり、次のターンに進化しようとしていた進化ポケモンを捨てたり。

逆にエネルギーだけ残していやがらせしてもいいですし、「グズマ」「アセロラ」など、序盤にあまり必要ないカードばかり残してあげれば、相手の戦略はストップするでしょう。

新カードの「ゲンガー&ミミッキュGX」とも相性が良いですね。「ホラーハウスGX」の追加効果で相手の手札を増やして、しかも手札が減らせない状況を作ってしまえば、次のターンの「おもいしらせる」が確実に強く出られます。

ちなみに、相手の手札を見て捨てさせることをカードゲーム用語で「ピーピングハンデス」と言います。

ピーピングハンデスはどのカードゲームでもかなり大きなコストと引き換えに行う行動で、つまりそれほど強いということです。ですがポケカは手札の回復手段が多いぶん、トラッシュからの回収が難しいカードゲームなので、どちらかというと相手のリソースを削るほうが役割としては大きいのかもしれませんね。

自身のやりたいことを押し通すのではなく、妨害を主とするデッキは今のところほとんど日の目を浴びていませんが、これほど強力なカードが出てきたら、ハンデス(手札破壊)デッキも少し未来が見えてくるかもしれません。

まだそれほど頻繁に見かけるカードにはならないかもしれませんが、ひとつの戦略を現実的にするほど影響力があるのは確かです。ポケカは今のところほとんど攻めたもん勝ちですが、守りに徹するコントロールデッキと呼ばれるデッキの活躍も、今後楽しみにしています。

ニャース/カード評価:5点

よくある70-10-20ですね。クセがなくて良いと思います。

めっちゃ余談ですが、右下の図鑑説明のズルい感じと、背景のポップさが真逆で面白いです(笑)

 

スポンサーリンク

 

ピジョン/カード評価:6.5点

まさかの3段階進化の2段階目がメインとなる珍しい例です。

特性「エアメール」で、毎ターン自分の山札の上2枚を見て、好きな方を手札に加えるという、非常に便利なドロー効果を持ちます。

ここで、やはりライバルとなるのがゾロアークGX。ゾロアークは先に手札をトラッシュする必要があるぶん、自身の攻撃能力が高く、なんと言っても高いHPを持ちます。

ピジョンの惜しいところはなんといっても60という心もとないHP。ベンチ攻撃で簡単に倒れてしまうので、ドローソースとしてほんとうに勿体ない! と思う性能です。

1進化ポケモンでも「ウツギ博士のレクチャー」でサーチできる点、カードをトラッシュしない=リソースを消費しない点などの長所がありますので、それらが重要視されるデッキには、ゾロアークよりも優先して採用されることがあるかもしれません。

ポッポ/カード評価:6点

1エネで1ドロー。ピジョンの能力とかみ合わせが良くてちょっとうれしい1枚です。

余談ですが、進化してもHPが10しか増えないポケモンは、実はかなりレアです!

ピジョット/カード評価:4.5点

2進化ポケモンにしてはちょっと性能が控えめ

ただ、1エネをつけたピジョンから進化させて、ダブル無色エネルギーを加えて突然「せんぷう」で相手のバトルポケモンを手札に戻すことでテンポアドバンテージをとるという奇襲戦法が考えられなくはないですね。

それでもピジョンのおまけくらいになっちゃう気がします。イラストが格好いいので使ってあげたいんですけどね~!

一応、ピジョットになると逃げるエネルギーが0になるということは覚えておくといいかもしれません。


 

ケンタロス/カード評価:5点

面白い能力ですね~。まさか「ケンタロスGX」の実質強化が入るとは思いませんでした。

ケンタロスGXで戦って、消耗したらベンチに下がってこちらで攻撃、という流れは割と戦えそうです。通常たねポケモンのHP130が倒しづらいのは人気の「非GXマッシブーン」で織り込み済みですから、それで2エネ150くらいのダメージがポンポン出せると考えるとかなり面白そうです。

が! ダメ―ジを自分で受ける方法が難しすぎるので、かな~り相手依存になりそうです。ケンタロスGXが、「戒めの祠」などでじわじわダメージを受ける形式にすることはできますが、ギリギリで耐えていたケンタロスGXのHPがそのままきぜつに繋がってしまったりすることもあって、ちょっと大変そうですね。

カードゲームで相手依存のカードは基本的にあまり強くないと相場が決まっているので、かなりポテンシャルはありそうですが5点としました。でもファンデッキとしては面白そうなので、筆者の私も組んでみようかな~。


 

ガルーラ/カード評価:3点

単純にテキストだけ見るとそんなに悪くはないのですが、ポケモンカードゲームにはあまりも強すぎるライバルがいるんですよね……。

おなじみ「アローラロコン」です。ガルーラの「しんかそくせい」は、アローラロコンの「みちしるべ」の完全下位(あらゆる状況で、完全に劣っている)ワザなんですよね。

ガルーラはHPが130と非常に高く、自身でも80の火力が出せるので、その辺でアローラロコンと差別化を図っていきたいところです。

がんばれ、ガルーラ!


 

カモネギ/カード評価:6.5点

いま大人気の「ジラーチ」に対する強烈なメタ(対策)カードですね。

ワザ「どうくはじき」は、相手がポケモンのどうぐをつけていたら、1エネ90ダメージを叩き出しながらそれを破壊できるというめちゃくちゃ強力なワザです。

ジラーチは、強力ながら自身の効果で眠ってしまうので、「エスケープボード」を持たせてあげるのが常です。

そのエスケープボードもろとも、ジラーチを1エネで吹き飛ばせるのは強力ですよね。

それだけでなく、「こだわりハチマキ」など、非常に多くのデッキに「ポケモンのどうぐ」は採用されているので、このカモネギが使えずに腐ってしまうことは少ないはずです。

また、今後「ムキムキパッド」が流行することがあれば、この「どうぐはじき」は実質140の火力が出るというすさまじいことになりますので、カモネギの存在は頭に入れておくと、いつか有利になるかもしれません!

タッグボルト全カードリスト 各タイプのリンクはこちら!

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG