「タッグボルト」ノーマルカードで強いのは誰?闘タイプ編【ポケカ】

  • 12月 2, 2018
  • 12月 9, 2018
  • ??????

闘タイプの大注目カードはコイツだ!

オムスター/カード評価:9点

めちゃくちゃ強力なカードが出てきました。とにかく筆者の中でめちゃくちゃ期待株です。

特性「かせきのしがらみ」で、自分の場のポケモンが相手より少なければグッズを使わせないという強力な効果が発生します。

今やレギュレーション落ちしてしまいましたが、かつてオーロットはマジで強くて、XY期の超有名カードの1つでした。

これと同じ(オムスターは条件付きですが)能力を持った「オムスター」に期待しちゃうのもそりゃ当然!

オーロットと違い2進化ポケモンなので、序盤の「ハイパーボール」などを止めるのは難しいですが、うまくいけば2ターン目には「ふしぎなアメ」から進化できるので、ぜひ狙っていきたいところです。

ポケカをやっている皆さんなら、グッズの重要さはもうご存知かと思いますので、それがどれだけスゴイことかは殊更ご説明しませんが……とにかくひとことで言うなれば、「試合を変える」レベルのことをやってのけます。

それをしまうためには、自分の場のポケモンが相手よりも少ないという条件がありますが、これを満たすのはけっこう簡単で、最近はほぼ全てのデッキがベンチにポケモンを並べていくので、こちらはそれよりも1枚少ない数になるように出してあげるだけでいいのです!

自分からベンチポケモンを減らす手段はポケカにはほとんどないので、これさえ決まってしまえばもうしめたものです。

そして同じくタッグボルト収録の「ペルシアン」との相性もバツグン。

相手のグッズを縛った後は、ワザ「おもいしらせる」で手札のグッズだけを残してあげれば、相手は何もできなくなるかも!?

オムナイト/カード評価:6点

なんだか有無を言わせぬ迫力がありますね(笑)

性能としては、バリバリ戦う訳ではないけど、いざ「グズマ」などで引っ張り出されてもそこそこの活躍はしてくれそうなレベルなので、じゅうぶんです!


 

カブトプス/カード評価:7点

オムスターと対を成すように、特性「かせきのきおく」で、バトル場にいる限りサポートを封じます

つまり、ベンチにオムスター、バトル場にカブトプスがいれば、相手は手札から「エネルギーをつける」「ポケモンを出す」「スタジアムを出す」くらいしかやることが無くなってくるわけです。

そうなればいよいよこっちのものですが……化石系統のナヤミで、2進化ポケモンにしてはちょっとHPが低いので、バトル場で戦うにはちょっと不安が残るというのが正直なところ。

「プルメリ」などで相手が強力なワザを撃てないように上手くカバーしてあげることで、より輝けそうです。

それにしても、このプルメリでさえサポートですから、サポートカードが使えないことがどれだけ重大かがよくわかりますね。

オムナイト/カード評価:7.5点

かわいい。そして「こうらでぶつかる」によってそこそこのダメージを出しつつ、身を守れるので進化元として欲しい性能はだいたい詰まってますね。

闘エネルギー1コ+進化した後にダブル無色エネルギー1コでちょうど「いわなだれ」が使えるので、このワザは使用する機会がそれなりにありそうです。

 

スポンサーリンク

 

オコリザル/カード評価:7.5点

こわっっっ!!!オコリザルってこんな表情するんですね。あと、毛がフサフサに描かれていてスーモみたいです。

そして、ワザ「ぶちこわす」が強力!なんとスタジアムを破壊しながら160という強烈なダメージが出ます。

これは自分のスタジアムでもいいワケですから、ちょっと多めにスタジアムをデッキに入れておいて、自分でバリバリ壊しながら大火力で攻めるマッチポンプを繰り広げてしまえばいいわけです。

基本エネ+ダブル無色エネで160ダメージが出ることの強力さはサーナイトの「センシングレイ」がすでに教えてくれています。

しかもオコリザルは1進化ですから、より使いやすくなっていますね!

細かいですけれど、スタジアム「せせらぎの丘」で山札からマンキーを連れてきて、それをオコリザルで壊すことで、相手に能力を利用されずに相手にターンを渡せるというのはちょっとしたコンボですね。

マンキー/カード評価:4点

マンキーってこんなポーズで歩くんですね。初めて知りました。

「さぐる」は地味ですが使うとちょっと嬉しいワザですね。HPが低いので早めに進化してあげましょう


 

サワムラー/カード評価:3.5点

エビワラー/カード評価:3.5点

完全にセットで使う2枚ですね。エビワラーの「ヒット&アウェー」でベンチのサワムラーに代わって、「スペシャルコンボ」でベンチに大打撃、という流れで戦います。

しかし……2ターンかけてバトル場に30、ベンチに90というダメージはちょっと地味ですね。完全にこの2枚でしか成立しないコンボですから、これ以上の発展形を考えるのもちょっと難しくて、あまり実践的なカードではないのかな~と思います。

とはいえ、エネルギーの数に対してのパフォーマンスはかなり高いので、エネルギー少なめのデッキだったらこのコンボをちょっと採用してみると、意外な活躍をしてくれるかもしれません。

ところで、エビワラーのイラストが何とも言えないいい味を出していますね。今回のタッグボルト収録カードのイラストの中でも、筆者はかなり好みです(笑)

タッグボルト全カードリスト 各タイプのリンクはこちら!