「タッグボルト」タッグチームGXで強いのは誰だ!?徹底評価【ポケカ】

雷タイプ最強の切り札!「ピカチュウ&ゼクロムGX」

ード評価:9.5点(10点満点)

新システム「TAG TEAM」のメインとして最初に紹介されたのがこのカード。2体とも楽しそうで素敵なイラストです。

きぜつした時に相手はサイドを3枚もとるというメガ級リスクと引き換えに、その強さは圧倒的! (いや、本当に。ちょっと強すぎませんか……?)

一つ目のワザ「フルドライブ」はエネルギー補充カードなのに威力が150もあって、グッズ「エレキパワー」と同時に使うことで「カプ・テテフGX」を一撃で吹き飛ばしながら次のターンの「タッグボルトGX」の準備ができます。正気ですか?

「ピカチュウ&ゼクロムGX」の最大の弱点は、序盤のエネルギーが少ない段階では動けないというところにあります。

ベンチでゆっくりエネルギーをつけていたら、「グズマ」で引っ張り出されてGXワザをぶつけられて倒された! となると、サイドに3枚の差が生じるので、さすがにもう試合の立て直しが効かない……。

と、いうわけで、なるべくワザを早く放つ工夫をしてあげたいところ。そこで心強い味方が「サンダーマウンテン◇」「カプ・コケコ◇」です。これらを駆使して確実に「フルドライブ」→「タッグボルトGX」の黄金パターンを決めてしまいましょう!

「ピカチュウ&ゼクロムGX」は、2ターンのあいだに「150」「170」「200」と3つに分けて大ダメージをバラまけるのが最大の強み。最高の展開は、3つのダメージそれぞれでGXポケモンを倒して、6枚のサイドを一気にいただいてしまう形でしょう。

でも、人気のポケモンGXのHPは170~210くらいあるので、それぞれのダメージがちょっとずつ足りない展開になりそうです。

そんな時に相性が良いのが11/23日発売の構築済みデッキに収録されている「サンダースGX」。イーブイに雷エネルギーをつけるだけで自動的に進化してくれて、そのままエネルギーひとつで「エレキバレット」を使えます。これでバトルポケモンとベンチポケモンに30ダメージずつを与えられるので、ピカチュウ&ゼクロムGXの大暴れの準備ができます! サンダースGXはにげるにエネルギーを使わないので、準備ができたらすぐに交代できるのも◎!

なんならサンダースGXでそのまま戦っても十分強いので、相手がGXポケモンを使わないデッキだった場合などには、サンダース自身でもバリバリ戦ってやりましょう!

「ピカチュウ&ゼクロムGX」を使ったデッキの記事はこちら↓

ほとんどの敵を一撃必殺! 圧倒的パワーの「イーブイ&カビゴンGX」

ード評価:7点

なんだか不思議な組み合わせですね。ポケカではここまで無色タイプのGXポケモンが一度も日の目を浴びてこなかった中、期待がかかる一枚です。

ちょっと「おうえん」はコストパフォーマンスが微妙なワザなので(ブースターGXの「ヒートステージ」と比べるとエライ違い……)さておき、「ダンププレス」「メガトンフレンズGX」の火力が凄まじい!

「ダンププレス」は、ゾロアークGXなどをはじめとした進化ポケモンに対し240という一撃必殺級のダメージを叩き込めます! 勿論、これから期待がかかる「ブースターGX」「シャワーズGX」「サンダースGX」も一撃!

逆に、たねポケモンに対してはあまり火力が出ないのですが、そんな時は同じエネルギー数で放てる「メガトンプレスGX」に切り替えて一撃で押しつぶしてしまいましょう!

似たカードとして「ルギアGX」があって、同じく無色エネルギー4つぶんで170の威力が出せるポケモン。十分な火力を持っていて強いはず、なのですが……こちらはあまり見ないカードです。

では、「イーブイ&カビゴンGX」も同じようにそんなに使われないカードになってしまうのか、というところなのですが、ここで「TAG TEAM」ならではの「270」という歴代トップのHPがカギになってきそうです。

多くのエネルギーを必要とするカードほど、そのエネルギーをどれだけ有効に使えるかは重要なこと。なるべく長く生き残るのは、そのうえでとても大切な要素です。「たくさんのエネルギーを使ったけど1ターンで倒されちゃった」というのは勿体ないですからね。

「イーブイ&カビゴンGX」は威力130のワザでさえ2回連続で耐えてしまいますから(!)、その間になるべく多くの敵を倒して、勝利まで持って行きたいところです!

HPが高いポケモンと相性が良いカード「アセロラ」は、270のHPとの相性は言うまでもなく最高です!

270を少しずつ削ってやっと倒せそう……という相手に対して、傷ついた「イーブイ&カビゴンGX」を手札に戻してしまえば、もうこちらのもの!

このとき大量のエネルギーが手札に戻ってきてしまいますから、2体目の「イーブイ&カビゴンGX」をバトル場に出して「おうえん」を使ってやるなど、次の攻撃にすばやく移る工夫をしたいところです。

生存能力ポケカ界No.1!まさに要塞「セレビィ&フシギバナGX」

ード評価:8点

幻のポケモンもタッグチームに参戦!どっしりと構える様に、2匹の厚い信頼を感じます。

しかし、通常ワザはタッグチームとしてはちょっと控え目な性能。

どく、やけど、こんらんの全てを引き起こす「きけんなかふん」は、ポケモンチェックを含めると80ダメージは保証されていて、次のターン、相手は半ば交代を強制される形になります。

相手のバトルポケモンだけが育っているという状況で使用できれば、相手はベンチに引かせるにも戦うにも相当なロスを強いられます。こうなれば非常に強力!そういう意味でも、なるべく早い段階で使用したいワザです。

「ソーラービーム」は、シンプルな威力150の攻撃ワザ。「ピカチュウ&ゼクロムGX」の「フルドライブ」と比較すると、4エネルギーを要求するワザにしてはあまり高い性能でないことがわかりますが、威力そのものは高い部類です。

そして、この「セレビィ&フシギバナGX」の最大の武器となるのがGXワザ「エバーグリーンGX」。180という高い威力だけでなく、自身のHPを全回復させることができます!

今までも全回復ワザはGXポケモンに数多く見られましたが、この「セレビィ&フシギバナGX」のHPは、破格270!!

一撃で倒すのはあまりにも困難なため、回復効果を確実に活かすことができます。

同じくタッグボルト収録の「ムキムキパッド」を持たせれば、なんとHPは320に!!!

しかも「エーテルパラダイス保護区」を置くとさらに受けるダメージが-30されるので、いよいよ「一生倒せないやん」感が出てきますね。

そんな状況下で、仮に「セレビィ&フシギバナGX」が290ダメージを受けていたとして、「エバーグリーンGX」を使うと、一撃でHP470ぶんもの差を生み出します!!!恐ろしい!!

最強の要塞としてバトル場に居座って、相手の戦意を失わせてやりましょう!

スポンサーリンク

動きを封じて息の根を止めろ!謎多き「ミミッキュ&ゲンガーGX」

ード評価:分かりません!

わたくし、タッグボルト最初の「いや~強いのか弱いのかわからん!」となった一枚です(笑)いえ、後述しますが、弱いことはないです! ただ、「強いのか、めっちゃ強いのか」がわからない(笑)

とりあえずイラストがかわいい! ゲンガーも凄くノリノリで楽しそうですし、ミミッキュも心なしかゲンガーと一緒にいるのを楽しんでいるように見えます。

そして性能の方なんですが、「ホラーハウスGX」は間違いなく強いです。

使う状況さえちゃんと選べば(序盤なんかは特に強いですね)、自分のターンを2回連続で行えますと言っているようなもので、それがいかに恐ろしいことかは全カードゲーマーが織り込み済みでしょう。

追加効果のドロー能力も攻撃ワザ「ポルターガイスト」に繋がって素晴らしい! 勿論、自分のドローとしても使えて、アドバンテージとしては相当なものになるはずです。本家ポケモンでいう「かなしばり」みたいで、ゴーストタイプの特徴がギュッと詰まったステキなGXワザだと思います。

そして「ポルターガイスト」もトリッキー。相手の手札を見て、「トレーナーズ(グッズ、スタジアム、サポート)」の枚数×50ダメージです。

「ホラーハウスGX」の次のターンに使えば、「相手の手札を見つつ200超えのダメージ」みたいなぶっ飛んだ性能になりそう!

……が、それは「ミミッキュ&ゲンガーGX」が場にいる時点で相手も分かっているんですよね。これは珍しく「ダメージ調整を相手がするワザ」なので、意図的に「ハイパーボール」などを使って手札のトレーナーズの数を調整してくるはず。そもそもサポート以外は気軽に手札から使用できるので、相手は手札に貯め込まずにバンバン使ってしまうことができます。

ましてや、「ミミッキュ&ゲンガーGX」がバトルポケモンを一撃で倒せるようなダメージにはしてこないはずで、じゃあその状況下で「ポルターガイスト」が強いのか? と言われるとちょっとわからなくなってくるのです。

正確には、「ホラーハウスGX」→「ポルターガイスト」の動きは強いのですが、それだけで3サイドぶんの働きをしたと言うにはちょっと難しい。だから、「ポルターガイスト」の性能がいったいどれくらいのものかに懸かっていて、その強さが実際に発売されてみないと予想できないな~というのが筆者の正直なところなのです。

一応、「ポルターガイスト」の前に「スカル団のしたっぱ」などで手札を見ておくと安心ですね。

トレーナーズの数を減らすことに専念している相手はエネルギーが手札に残りやすいはずなので、そこで不意打ちを仕掛けてやりましょう!

ちなみに、このミミッキュは「トモダチ」が欲しいのに怖がられて避けられてしまうという悩みを持っていて、それを見て同情したゲンガーも協力していくうちに仲良くなっていき、タッグになったという設定があります(公式マンガより)。

ゲンガー&ミミッキュGXを使ったデッキの記事はこちら!↓

史上最重量級!インパクト抜群「コイキング&ホエルオーGX」

ード評価:7点

もうパッと見た時の印象が「なんじゃこりゃーーーー!!!」ですよね。こう見えて、設定上タッグチームは相棒なので、食べちゃったりはしません。

すみません!別イラストで、このあと食べます!(笑)でも水を排出する噴気孔からコイキングもいっしょに出てきます。良かった~。

さて、まず目に入るのは、300というとてつもないHP!! ダントツでポケカ最高記録です。もうこの上を行くHPは現れないんじゃないかな~。当然ですが、この体力を削り切るのは相当キツいですね。

しかし、ワザもこれまたヘビー級。なんと最低でも水エネルギー5個からというとんでもない使いづらさですが、一度揃ってしまえば「スーパースプラッシュ」でシンプルに180ダメージが連発できるのは頼もしいです。こだわりハチマキ込みで、1進化GXの「210」ラインにちょうど手が届くのが本当に偉い!

そして水エネルギー8個というとんでもない数を要求する「キングザブーンGX」は、まさに大波のごとく相手のベンチポケモン全体を100ダメージで攻撃できます。

ほとんどの場合、終盤なら相手のベンチにはポケモンが5体いるので、なんと合計510というトンデモ火力が出ます!!!

とんでもないエネルギーの要求量は、同じくタッグボルト収録のカメックスがいればかなり簡単に集まります。

ベンチに「カメックス」と「コイキング&ホエルオーGX」を並べて、バトル場に時間稼ぎができるポケモンを置いておけば、着々と準備が整っていくでしょう。

なんせHPが300ありますから、突然「グズマ」で引っ張り出されても平気で耐えちゃうところが頼もしいですね。そのままエネルギーをつけて、相手のエースも返り討ちにしちゃいましょう!

また、「キングザブーンGX」で相手のベンチを攻撃する際に、100ダメージだと倒しきれない相手も結構多いので、先に「カプ・コケコ」などのベンチ攻撃ができるポケモンでHPを削っておけば、一網打尽にする準備が整いそうです!

相当なサポートが必要な以上、「コイキング&ホエルオーGX専用デッキ」を組む必要がある1枚ですが、それをするだけの魅力が詰まった、ワクワクが止まらない1枚です。

サポートから攻撃まで!まさにタッグ「ラティアス&ラティオスGX」

ード評価:7点

そう!これこれ!「タッグチーム」と聞いてやって欲しかったのがこれですよ!!筆者はこのカードを目にした瞬間「これだよー!!」と声が出ました。大型と小型のペアというルールがあるのかと思っていましたが、ここで打ち破ってくれましたね。

そして、筆者はこの記事を書き始めるまでこのカードの評価を「5点」と心の中で位置づけていたのですが、少し考えを改めました。

と、いうのも、攻撃ワザ「バスターパージ」が恐ろしく使いづらいんですよね。通常ワザで無条件240という火力は(たぶん)歴代トップなのですが、その実、要求エネルギーに水と超が入り混じるという事態。この2つのタイプはあまり共存することが無いので、そもそもデッキを組むのがかなり難しいです。

しかも、240というダメージは、これまでのポケカでいうとかな~りオーバーな火力です。流行のGXポケモンでもだいたいHPは高くて「210」なので、「タッグチーム」が相当流行しない限りはちょっと使いづらい一枚かも……と、いう締めくくりのつもりだったのですが。

よくよく考えると、「エアロユニットGX」がかなり良い性能してます。

もとの効果はゼラオラGXの「フルボルテージGX」と一緒。ですが、ラティアス&ラティオスGXは追加エネルギーで1ターン無敵になることができます。

「ゼラレック」と呼ばれるゼラオラ×レックウザのデッキでは、ゼラオラがフルボルテージGXを使うことはよくあります。そして、次のターンにゼラオラがHPを削られて、ダメージレースで後々響いてくる……という光景もまた、よく目にするんですよね。「エアロユニットGX」は、その点で非常に優れています。

そして、ラティアス&ラティオスGXが使うのは超タイプというのが重要です。当たり前ですが、ゼラオラとは入るデッキが全く違うわけです。そして、ラティアス&ラティオスが使われそうなデッキは……

「ウルトラネクロズマGX」です。カラマネロと組ませて、通称「カラマネロ超バレット」というデッキタイプですね。

このデッキはエネルギー管理が非常に大事なのですが、毎ターンエネルギーを消費するウルトラネクロズマが大火力を連発するのはちょっと難しくて、欲しい火力に届かない場面が結構あります。

そこで、中盤にカラマネロが「ラティアス&ラティオスGX」に超エネルギーを1つ、手札から1つつけてあげて、「エアロユニットGX」を無敵効果付きで使用するターンを挟んであげるのです。

そうすると、相手は「グズマ」などでラティアス&ラティオスをどかさない限りダメージを与えられない上に、ウルトラネクロズマに必要なエネルギーが一気に加速するのです。

タッグチームでHPの上限が上がってきた今、こうやって1ターンの溜めを作って大火力を狙う動きは非常に重要です。「カラマネロ超バレット」がそもそも環境上位のデッキで、そのデッキでかなり有用だろうと予想できる以上、サポート役として高く評価していいはずだという結論に至りました。

ラティアス&ラティオスGXを使ったデッキの記事はこちら!↓

タッグチームGXを使うのは自分だけじゃない!対策記事もどうぞ

【強すぎ?】タッグチームGXの対策方法&カードを徹底解説!

タッグボルト全カードリスト 各タイプのリンクはこちら!

スポンサーリンク
>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG