マイナーデッキ部:ハッサムGX編!【ポケカ】

まさに鉄壁! 並の攻撃では傷一つつかないアタッカー

のっけからどうでもいい話なんですけど、ハッサムのツメの部分ってめちゃくちゃナックラーに似てませんか?

ね。かわいい。今見たらこんな足してるんですねナックラー。よちよち歩くのかなぁ。

ということで、ハッサムGXの記事です。ハッサムGXは、筆者としては単体の性能としてはポケモンカードゲームの中でもトップレベルなんじゃないかなあと思っています。

カードゲームは他のカードとの組み合わせとか、その時の流行とかで強い弱いがどんどん上下していくものですけど、そもそものスペックが高いと時代を問わず強いんですよ。

景気が悪いとみんな高級バッグとかなかなか買わないと思うんですが、でもトイレットペーパーは景気に関係なく買うでしょ。常に一定の強さ(売り上げ)を叩き出すんです。ハッサムはトイレットペーパーなんです。

で、ですね、テキストを見ていきますと、特性「きけんしょく」、これが堅実ながらロマンもあって本当にいい能力で、自身のHPが100以下ならワザの威力+80。シンプルに「はがねのつばさ」が160になるんです。

この効果の凄いところは「100」がボーダーというところ。勿論相手はこの「きけんしょく」を発動させたくないんですが、HPが210あるポケモンを倒そうとすると、一撃だと難しいのでだいたいの場合は2発に分けます。

であれば、最低でも110×2回のダメージになりますよね。すると、その一発目できっちりHP100以下のボーダーに引っかかるんです。この絶妙な数値に「きけんしょく」は設定されているんです。だもんで、(弱点を突ける炎タイプは別ですけれど)、このハッサムを、犠牲を出さず一方的に倒そうとするのは至難の業だと思います。

そしてワザ「はがねのつばさ」もまた賢い。これは2エネ80という火力を持ちながら、次のターンに受けるダメージを-30してくれます。これがどういうことかというと、先ほどの例でいえば、一度110のダメージを受けて残りHPが100になった後にこの「はがねのつばさ」を使うと……そう。次の110ダメージでは倒せなくなる。つまり「ダメージ計算を有利な方向へずらす」力があるのです。「きけんしょく」という特性あってのこのワザですね。

ただ、そのままでは少し火力不足なのと、-30という幅は120→120という2回のダメージを綺麗にさばき切れないという点もあって、他のカードでの支援をしてあげたいところです。

そんなとき頼もしいのが「鋼鉄のフライパン」あるいは「メタルゴーグル」。いずれも鋼タイプのポケモンが受けるワザのダメージを-30してくれる優れもので、はがねのつばさと併用することで、ダメージ-60の補正が入ります。もちろん、「きけんしょく」の発動するHP100以下の条件でも頼もしいですが、シンプルに考えてダメージ-60の補正がかかったHP210のポケモンを倒せと言われると、相手としては相当厳しいですよね。

そして最後に、GXワザの「ふりおろすGX」。正直なところ、これがなければハッサムGXの評価はもっと低かっただろうと思うほどに、ハッサムGXが戦う上で最大の悩みである決定力を綺麗に補ってくれる素晴らしいワザです。

例えば、相手のベンチにすでに進化したルガルガンGXがいて、相手が闘エネルギーをひとつつけたとするじゃないですか。つまり「次のターンにデスローグGXするぞ~」ということです。

そこに対してハッサムGXは、「ふりおろすGX」でエネルギーがついたルガルガンをピッタリ一撃で仕留めることができるのです。「デスローグGX」はハッサムを一撃で仕留めることができる数少ないワザなので、相手はそれを封じられてしまうと打つ手がなくなってくるわけですね。

特性、ワザすべてが完結していて非常に強力なハッサム。さて、デッキを組んでみましょう。

ハッサムGXが主役のデッキ!

どうぐ満載!きせかえハッサムコレクション

また例にならってイロモノデッキです。すごくスタンダードなデッキレシピはこのサイトを見るまでもなくそこかしこで紹介されていますからね。(筆者がTCG14年目でもはや普通のデッキでは満足できない体になっているというのもありますが……)

動かし方は(あまり説明するほどでもないですが)、まずはとにかくハッサムGXを出して、そのあとマギアナで丁寧に「その時必要な」ポケモンのどうぐにきせかえて戦います

加えて、今回どうしても採用してみたかった「キズぐすり」も、かなりいい働きをしてくれるんじゃないかと踏んでいます。耐久カードにとって確定数(相手がハッサムを何ターンで倒せるかという計画)をずらすのは非常に大切なので、もしかするとキズぐすりだけでなく「ポケモンブリーダー」も採用してみたり、アセロラをもっと増量して回復軸のデッキにしても面白いかもしれません。相手がハッサムをろくに倒せないまま試合運びができたら「やってやった感」がありますね。

そして、みなさんにとって今回の「誰だこいつ」枠はフロストロトムだと思うのですが、これはもともと炎タイプへのカウンターとして採用しました。

フロストロトムはトラッシュにどうぐが9枚以上あればタダで動けるので、水エネルギーを採用せずとも炎タイプの弱点を突けるという寸法です。もともと「鋼鉄のフライパン」など、どうぐが多めに採用されやすいデッキなので、割とすんなりデッキに入りました。

このフロストロトムで相手の炎エースをエネルギーなしで倒せたら相当なアドバンテージです。GX主体のデッキに非GXアタッカーを採用しておくと、相手のとるサイドにムダができる(サイドを2-2-2ととられるよりも、2-2-1-2とするほうがオトクです)ので、炎相手でなくても割と出し得です。エネルギーを割かなくても強烈なパワーが出るカードなのでありがたいですね。

なお、非GXのハッサムも1枚だけ採用しています。GXポケモンからダメージを受けない「アローラキュウコン」にちょうど弱点がつけていい感じですね。

他にも特殊エネルギー持ちに特攻があるので、ダブル無色エネルギーで暴れているゾロアークGXなどに一撃浴びせてやりましょう。

 

スポンサーリンク

 

amazonだといくら?


ポケモンカードゲーム ハッサムGX(SR) SM6b 拡張強化パック チャンピオンロード サン&ムーン ポケカ

今までで一番ビックリしたんですが、amazonではなぜかSRのハッサムのほうが安くて1300円です。これはRR含めた楽天市場、amazonのハッサムGXの出品の中で最安値です。なんででしょう?

たま~にリサイクルショップとかでガバガバな値段設定のところがありますが、これもそういうことなのでしょうか。在庫はそんなに無いと思うので、ハッサムが欲しい方は今のうちに買っちゃっていいかもしれません。なお、普通のRRはだいたい1500円前後でした。

余談ですが

今回ご紹介したハッサムGXはずっと昔の「ハッサムEX」からリメイクされて作られているんですよね。イラストだけでなく効果もすべて準拠しています。

私がポケモンカードを始めた時がちょうどこの世代だったので、手元にこのハッサムEXが一枚あります。懐かしいなあ。

こういう世代を超えて強化されたカードが登場するのは素敵ですね。私が子供の頃夢中になった「デルタ種」のカードが現在に復活してほしいなあと思ったりもするのですが、どうでしょうか。

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG