【ポケカ】ガブリアス(ジージーエンド)のカウンター山盛りデッキ!「逆襲のオーラ」レシピ

カウンター戦術はここまできた!「逆襲のオーラ」

こんにちは! マイナーデッキなら私にお任せ、インゲンです。

今回は、ジージーエンド収録の「ガブリアス(ぎゃくしゅうのオーラ)」を使ったカウンターデッキです。

今のところガブリアスは優勝報告もけっこうあって、そのカードパワーが高いことはまちがいありませんが、調べたところ「ルカリオ」あたりとセットで、スタンダードに攻めていくデッキが人気な様子。

それじゃあ、カウンター魂が足らんぜよ! ということで、今回はこれでもかというくらいカウンターカードを詰め込んでみました。

自分からきぜつして、背水の陣で戦う! これぞロマン! では動かし方から見ていきましょう!

このデッキの動かし方!

このデッキの主役、「ガブリアス(ジージーエンド)」は、何より特性が目を引きます。「ぎゃくしゅうのオーラ」は、サイドの数で負けているあいだ、なんとこのポケモンの火力が+80されるというもの。

新しいカードだけあって火力補正がぶっ飛んでいますね。これまでのカードでは、自らきぜつしに行くような作戦はあまりメジャーではありませんでしたが、これくらい強烈なリターンがあるなら、喜んで相手にサイドをとらせてあげちゃうレベル!

その他も、逃げエネ0、HP150、ワザは2エネで火力80か120で火力の調節ができるという優秀っぷり。おかげでガブリアス一本に絞って戦ってもじゅうぶんデッキが成り立ちます!

そしてこのデッキの影の主役、ムウマージです。特性「ふしぎなことづけ」で、自身をきぜつさせる代わりに、手札が7枚になるまでドローできるという小回りの利く1枚です。

これで一気にドローできるので、ちょっと事故がこわい2進化ポケモン軸のデッキでも安心してデッキを回せますね。

そして何より自身がきぜつするので、ガブリアスの「ぎゃくしゅうのオーラ」が発動するというワケです! 存分に暴れましょう!

手札が欲しい時になるべくすぐにムウマージにアクセスできるように、「やみのいし」もガッツリ採用しています。

これ1枚でムウマージを呼び出せるので、やみのいしも実質ドローカードになってくれるというわけですね。

相手にサイドをとらせるためにも、確実に「ふしぎなことづけ」を決めたいところ!

このサイトで再三登場しているマルマインGXですが、今回ほどマルマインGXがすんなり入るデッキは初めてです。

特性「エネエネボンバー」で、自身をきぜつさせる代わりにトラッシュのエネルギーをたくさん持ってくることができます。

ガブリアスは自身のワザ「オーバーエッジ」でエネルギーを落としてしまうので、マルマインGXとの相性はバツグン!

しかし、相手に2枚のサイドを取らせるリスクはあまりに大きいので、使うかどうかはかなり慎重に考えて下さい。特に非GXデッキ相手のゲームでは、マルマインGXをなるべく使わないようにしたいところです。

なぜここまで自信満々にガブリアスを通すかって、「あまりにも火力が高すぎて、相手の攻撃の準備ができる前に倒せる」からなんです。だからサイドを失いつつも、かなりのワンサイドゲームに持ち込むことでひっくり返せるという算段を立てました。

そのサポートをしてくれるのが「こだわりハチマキ」「格闘道場」です。特に格闘道場は「サイド差で負けていたら闘エネルギーをつけている味方の火力+40」という、このデッキのためにあるかのようなテキスト

で、ガブリアスが「やられるまえにやる」のを助けてくれます。

なんとガブリアスは、「オーバーエッジ80+40」「ぎゃくしゅうのオーラ+80」「こだわりハチマキ+30」「格闘道場+40」を合計すると2エネで270の火力が出ます。

そう、270は、人気の「レシリザ」「ガブギラ」などのタッグチームにピッタリ届くダメージなんです!

2ターン続けてタッグチームを倒してしまえばもう勝ちなので、こちらは「ムウマージ」「マルマインGX」でどんどんサイドをとられてもOKなんですね。

ガブリアスの他にも、サイド差で負けていると有利になるカードがたっぷり採用されています。

カウンターキャッチャ―」はグズマのように相手のベンチポケモンを呼び出せる強力カード! 今回はアタッカーがガブリアスしかおらず、ガブリアスの逃げエネも0なので、グズマを不採用にしてカウンターキャッチャ―に絞っています。

ガブリアスと同じジージーエンド収録の「リセットスタンプ」も、相手の手札を全てリセットして、相手のサイドの数だけドローさせるという話題の凶悪カード。なんと相手のサイドが1枚しかない時は手札を1枚にまで減らしてしまいます!

特に「溶接工」あたりで突然大ダメージを出せる炎タイプ相手には、手札を使った展開を防ぐため、積極的に使いたいところです。

マチスの作戦」もこのデッキにピッタリなのですが、肝心のサポート枠にあまり使いたいカードがなく、今回は1枚だけの採用となりました。

今後の新サポートの登場によっては、一気にサポートを増やして「マチス軸」にするのも面白いですね!

ガブリアスは闘タイプなので、「ライチュウ&アローラライチュウGX」「ピカチュウ&ゼクロムGX」など雷タイプ相手にはとても有利です。やりすぎな火力を出そうとせず、シンプルに「オーバーエッジ」を連打してあげましょう。
このデッキを使いこなすには!
このデッキのカギは、グッズをたくさん採用することで、手札消費を激しくしているところです。手札をギリギリまで使って減らして、ムウマージでドローして……というサイクルで、「カウンターキャッチャ―」「リセットスタンプ」など、たくさんのグッズを連続して使用することで、1ターンのうちに大きなアドバンテージを稼ぐことが、このデッキをうまく使うポイントです。

カスタマイズするなら?

サイド差で負けていたらすべてのタイプのエネルギー2枚分としてはたらき、マルマインGXでも回収できるエネルギーということで相性がめちゃくちゃいいカウンターエネルギーですが、唯一「格闘道場」の効果が「基本闘エネルギーがついているポケモン」という条件だったため今回は不採用になりました。

とはいえ、いざという時に0エネからでも「オーバーエッジ」を突然使えるのは強力そのもの。このデッキの初期草案には入っていたくらいなので、入れてみるのもアリかも!

同じく、サイド差で負けているときにエネルギー面をサポートしてくれる「くろおび」も強力です。ジージーエンドでほぼデザイナーズコンボ(公式が意図したコンボ)として収録されているだけあって、やっぱり相性はとてもいいのですが、今回は「こだわりハチマキ」をつけることで火力を270にまで届かせることを重視したため採用しませんでした。

「こだわりハチマキ」はほぼ対タッグチーム専用カードなので、環境によって通常GX、非GXにも対応したい時は「くろおび」の採用をオススメします。

 

 

このデッキを対策するなら?

後攻1ターン目から速攻を仕掛けられるデッキは、フカマルがガブリアスになる前から倒すことを狙いにいくことでかなり有利に試合を運べます。

他にも、カウンターデッキ全般に言えることですが、シンプルに非GXポケモンで統一されたデッキはサイド差がひっくり返りにくいので有利になりやすいです。

それ以外のデッキであれば、少ないエネルギーで大火力が出せるポケモンがいれば、ガブリアス無双を止めやすいので優先的に場に出してあげることで応戦していきましょう。

逆に、タッグチーム全般や動きの重いGXポケモンはかなり厳しい戦いを強いられることになります。もしデッキにサブアタッカーとして非GXポケモンなどが採用されているのであれば、場にGXポケモンを出さないことも視野に入れて戦いましょう。

このデッキが好きな方にオススメの記事!

編集後談「負けた悔しさは震えるほどだけど」

ここまでありがとうございます! 筆者のインゲンです。

ポケモンカードゲームも、大きく括れば対戦ゲーム。勝ち負けがあります。
負けた時に思うことは人それぞれだと思いますが、わたくしインゲンはとてつもない負けず嫌いなので、もし大会などで負けた時には頭がクラッとくるくらい悔しさを感じます。
この年(22)にもなればそれでも対戦相手と談笑できるくらいには理性もしっかりしますが、中学生の頃なんかは、負けた後は悔しさのあまりしばらく言葉が出ませんでした
これは自分のことだけでなく、例えば僕が応援している野球チーム「広島東洋カープ」が負けた時も本当に悔しい。
そう、カープ。インゲンは4年前に広島に引っ越してきて、それからカープファンになったのですが、偶然ちょうどその時期からカープは黄金期と呼ばれる時期で、めちゃくちゃ強かったんです。
で、今年のシーズンが始まってみると……なんと単独最下位にいるじゃないですか! 試合を見ていてこれほど負けが続くのは今までもあまりなかったので、インゲンにとっては初めての悔しさでした。
ですが、カープも僕がファンになるよりも前はとても弱くて、その頃からのファンは、「もう慣れているぜ」という感じらしいです。歴戦って感じがすごい。
これって凄いことじゃないですか。はじめは弱かったチームが、少しずつ実力をつけて、トップに立つって、簡単なことではありません。
だから、もしこれを読んで下さっているあなたが、今はなかなかポケカで勝てなかったとしても、腐らず、楽しみ続けて欲しいなと思うんです。楽しむことが強くなるための条件だと僕は信じています。
今は強いことで有名な人たちも、きっと勝てない時期を超えてそこにたどり着いたはず。たぶんね。
>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG