【カッコよすぎ】レシラム&リザードンGXの全ワザ評価+デッキの作り方まで!【ダブルブレイズ】

かっけえええぇぇぇ!!!

かっけええええぇぇぇ!!!

取り乱しました。すみません。 でもこんなときに落ち着いてられません! カッコよすぎるんですもの!

と、いうわけで、こんにちは! ポケカ記事を1ヵ月に10万字も書いてるライターのインゲンです! 今回は、今回は……! このカッコよすぎるレシラム&リザードンGXを徹底解説しちゃいます!

有田満弘先生のあまりのカッコいいイラストに、もう体が熱い! これが炎タイプの力か――!

「げきりん」を誰よりも使いこなすポケモン!

いままで「げきりん」持ちポケモンはたくさんいましたが、まちがいなくその中でいちばん「げきりん」を使いこなせるのはこのポケモンでしょうね。

だってHPが270あるんですもの! それだけ1撃のダメージで倒されづらく、ダメージの上限も高くなるので、本来の「カウンター技」としての役割をしっかりと果たしてくれます。

たった2エネでダメージレースを常に優位に保てるワザが弱いワケがない! 「レシラム&リザードンGX」の中では地味なポジションですが、実践ではまちがいなく「あってよかった!」というシチュエーションが訪れることでしょう。

とりあえず感覚で230ダメージ「フレアストライク」!

このポケモンのメインワザです。GXワザでないのに、基本ダメージが230もあるワザは激レア!

ラティアス&ラティオスGXの「バスターパージ」の使いづらさと比較しても、このワザがいかに高スペックかがわかります。デメリットは2ターン連続で使えない点ですが、だいたい「フレアストライク」→「ダブルブレイズGX」→「フレアストライク」でゲームが終わるので、デメリットしては軽すぎるレベル!

「フェローチェ&マッシブーンGX」も、発売前は「エレガントソール」が連発に向かないのでどうかな? と言われていましたが、フタを開けてみれば大会で優勝、優勝の大暴れでしたから、連発できない系の高火力ワザはそこまで心配しなくてイイということがわかります。

フレアストライクは使うエネルギーが1つ多いですが、炎タイプほどヒョイヒョイエネルギーをつけられるタイプはないですから、むしろ「エレガントソール」よりも気軽に使えちゃうはずです。

そう、「とりあえず」感覚で230ダメージが出せる時代がやってきました。大会で活躍するゲッコウガ&ゾロアークGXも同じように大火力ポケモンですが、それよりもはるかに下準備が少ないですから、これほんとにスゴイです。

すべてのポケモンを一撃必殺「ダブルブレイズGX」

炎エネルギー6コで300ダメージという、わかりやすい脳筋ワザです。

やはり、リザードンあるところに300ダメージありですね。ダブルブレイズの追加効果には「相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない」があるので、全てのポケモンがなす術なくきぜつします。

とはいったものの、そういった使い方よりは、「フレアストライク」を撃てないターンに撃つワザという役目のほうが大きいように思います。

文字では表現しづらいですが、230ダメージを撃てないおやすみのターンに200ダメージが出せることの強力さはとにかく「意味が分からんレベルの強さ」だということは間違いありません。

 

そして……このワザのもうひとつの役割、「後攻1ターン目に使う」をお伝えしておきます。

「ダブルブレイズ」の新カード、「溶接工」によって、手札からつけるエネルギーも含めて3エネが、めちゃくちゃ簡単に揃うようになりました。

これまで「ピカチュウ&ゼクロムGX」を相手にしたことがある方ならおわかりかと思いますが、あのポケモンは後攻1ターン目から平気で「タッグボルトGX」で200ダメージを飛ばしてきます。

しかし、この「レシラム&リザードンGX」は、それよりさらに簡単な条件で200ダメージが出せちゃうので、1ターン目からほぼゲームセットくらいの大差をつけることが可能です。

書いてて「これヤバイかも」と思い始めています。でもこれだけカッコイイポケモンなら、むしろポケカの頂点をとってほしいとさえ思っちゃいます。一目惚れしました。ガチ恋です。

デッキを組むなら?

先ほどご紹介した「溶接工」や「カキ」といっしょに採用して、なんなら「レシリザ単」(レシラム&リザードンGX以外のポケモンを採用しない形)にしてもいいかもしれません。

たとえばカキを先行1ターン目に使用すれば、もう2ターン目には4エネついているので、大暴れスタートです! この早さはさすがに現環境トップクラスのデッキでもそうそう追いつけないでしょう。

ポケギア3.0」をガンガンに採用してあげれば、「溶接工」をより確実に手に入れることができるので、後攻1ターン目から暴れられる確率が高まりますし、「火打石」があれば、手札に炎エネルギーが足りない! と言うことも起こりません。

これは環境トップの雷タイプにも言えることですが、事故を軽減してくれるサポートグッズの多さは、そのまま強さに直結しますから、ここまででご紹介した「レシリザ単」デッキを適当に組んだだけでも、多くのデッキを凌ぐデッキパワーがあるはずです。

他にも、「ブースターGX」は「ヒートステージ」でさらに炎エネルギーの供給源を増やしたり、サブアタッカーとしても活躍してくれるので相性バッチリですね。

「カキ」「溶接工」などのサポートへの依存度も高いので、このごろ定番の「ブルーの探索」型ではなく、「カプ・テテフGX」を入れた昔ながらのスタイルにもかなり向ていると思います。

で、レシラム&リザードンGXは強い?弱い?

事前評価って人それぞれですし、あまりアテにならないものですが、それを加味してもわたくしインゲンは自信を持って「強い」と評価します!

ピカチュウ&ゼクロムGX」とはタイプが違いますが、炎タイプには決して劣らないサポートカードがたくさん詰まっていて、比べてもいいくらいの性能だと思います。そしてなにより、270というHPがあまりにも強い……!「ピカゼク」のHP240とのちがいは、使えば使うほど大きく感じることと思います。

そして、環境もこのカードに味方しています。今は環境で強いデッキがほとんどGXポケモンを採用しているので、非GXポケモンに対してオーバーキルをしてもったいない! という機会がかなり減っていること思います。

炎タイプらしい、とにかくシンプルなスペックで勝負するこの一枚、シビレますね~! このタッグGX環境を見越していたかのように登場したこのカード。きっと環境を動かしてくれる1枚になることと思います! 早く使いたいな~! この「青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイトドラゴン)」や「ボルメテウス・ホワイトドラゴン」みたいなポジションたまらないな~!

 

(3/1)レシラム&リザードンGXのデッキ記事もできました!

 

 

スポンサーリンク

 

編集後談「100記事になりました」

ここまでありがとうございました! インゲンです。いつもの編集後談です。

なんと、この記事がちょうど、このサイトの100記事めになりました。ここまでたどり着けたのもすべて足を運んでくれたみなさんのおかげです。今これを読んでいるあなたももちろんその一人です。

心から、感謝申し上げます。ありがとうございます!

このサイトなんと1記事が平均で2800文字くらいあるので、だいたいこれまでに、みなさんに28万字お届けしてきたことになります。

まだこのサイトはオープンしてから4ヵ月ですが、ここ1ヵ月は特に、1か月10万字ペースで更新しているくらいのペースで記事を書いています。辞書か!

他の記事も読んでいただければおわかりいただけると思うのですが、記事ひとつひとつを、ほんとうに魂込めて書いています。まだこのサイトが無名だった頃の編集後談に、「エンジョイ!ポケカ部っていういいサイトがあってね、」という会話が、日本のどこかで生まれたりしたらいいなあという夢を書きましたが、その夢はもしかすると、日本のどこかで、2,3回くらい叶っているかもしれませんね。

僕がこのサイトでやりたかったのは、人と人をつなぐ会話の種になるページを作ることです。あなたと、あなたの大切な人をつなぐサイトになりますように。

これからも、全力で更新していきますので、よろしくお願いしまーす!

と、いうわけで今日もエンジョイ! ポケカ部に遊びに来てくれてありがとうございます!

実は「エンジョイ! ポケカ部ができるまで」みたいなコラムを100記事の記念に書いていたのですが、いきなりこのレシラム&リザードンの情報が飛び込んできたので、急遽こちらを100記事めにしました。そちらのコラムもまた完成したらアップしますね!

ちなみに、この記事はちょうど3500文字くらいです! 飛ばしとばしでも、ここまで読んでくれてありがとう! また次の記事でお待ちしてますからね!

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG