【ポケカ】メロエッタデッキ2019版!タッグチームに強い「ミラクルハーモニー」で勝利を掴め!

爆発力ならだれにも負けない!驢馬井ラリ式「ミラクルハーモニング」

こんにちは! 筆者のインゲンです! 今回は「キミのデッキが記事になる!」投稿作品です!(制作者/驢馬井 ラリ さん)

今回の主役はメロエッタ! 「ミラクルハーモニー」というロマンあふれる全体攻撃ワザを持っています。

メロエッタデッキをなぜ今? と、思ってしまいそうですが、 実はTAG TEAMが人気な今だから、メロエッタはアツいんです!

なんでメロエッタはTAG TEAMに強いの? そこも含めて、楽しくご紹介していきますよ! それでは参りましょう!

このデッキの動かし方!

メロエッタがばらまき、カプ・テテフが〆る!

今回の主役はモチロン「メロエッタ」! 「ミラクルハーモニー」は、自分の場にいる「うたう」を持つポケモンの数だけコインを投げて、オモテの数×10の全体ダメージというユニークなワザを持っています。

メロエッタの強さを引き出すために、このデッキは「うたう」を覚えているポケモンがたくさん! 6回コインを投げて、相手に大ダメージを与えちゃいましょう!

だけど、メロエッタのばらまきだけでは6枚のサイドをとるのはとっても大変! ということで、メロエッタの頼もしい相棒が、このポケモンです!

「マジカルスワップ」のカプ・テテフです! 相手の場にばらまかれたダメカンを、1か所に集中させて一気にサイドをもらっちゃいましょう!

このカプ・テテフがゲームの最後に登場する「フィニッシャー」の役割になります!

 

さて、ではここで、冒頭にちょっとだけお話しした「なんで今、メロエッタが熱いの?」という話をちょっとだけさせてください。

TAG TEAMをうまく倒して、サイドをもらっちゃおう!

このデッキでは、メロエッタでばらまいたダメカンを「マジカルスワップ」で集中させたときに、何枚のサイドがもらえるかがとても大事です。

と、いうわけで、一度、どう乗せ換えたらいちばんサイドがとれるの? という話を考えてみましょう。

非GXポケモン:HP90~150くらい/サイド1枚
GXポケモン:HP160~250/サイド2枚(1枚あたりHP80~130)
TAG TEAM:HP240~300/サイド3枚(1枚あたりHP80~100)

例えばですけど、非GXの人気ポケモン「サンダー」は110ダメージを与えることでサイド1枚との交換券になりますよね。

GXポケモンのルガルガンGXは200でサイド2枚。つまり、100ダメージとサイド1枚くらいの交換をしています。

そして、ここで注目なのがTAG TEAMの「ピカチュウ&ゼクロムGX」。240ダメージでサイド3枚ということは、たった80ダメージでサイド1枚との交換になるんです。

つまり、「TAG TEAMはサイド1枚ぶんのダメージがお買い得」ということ! メロエッタで与える合計のダメージ量が少なくて済むんです。

 

だから、TAG TEAMが流行している今こそ、メロエッタが活躍する時! というお話でした。

ダメージの底上げをしよう

ビクティニは特性「しょうりのほし」で、メロエッタの「ミラクルハーモニー」のコインを1度だけ「はじめから」投げなおせます。

「うたう」を覚えていないのでメロエッタでコインを投げる回数は1回減ってしまい、ほんの少しだけ期待値が落ちてしまいます(※1)が、ダメージが0~10になる確率がグッと下がるので、少しでもいいから確実にダメカンが欲しい時にはとても助かります。

※1 計算が間違っていたら教えて下さい!
①「うたう」ポケモンが6体のとき
(0+10+20+30+40+50+60)/7=30(期待ダメージ30)②「うたう」ポケモンが5体+ビクティニがいるとき
1/2×25+ 30×10/32 + 40×5/32 +50×1/32 =29.6875(期待ダメージ29.6875)
(期待値に基づいて、1回目の試行で5回コインを投げてオモテが2回以下だったときに投げなおすと仮定しています。1/2×25の部分は、5回投げてコインがオモテの数が2回以下のときの確立に、ダメージの期待値を乗じたものです)

シンプルにダメージを底上げしてくれる「こだわりハチマキ」も心強い! ダメカン3個のちがいは、このデッキにとって勝敗に直結します!

ミラクルハーモニーをすばやく使おう!

どちらもサイド差で負けているときに力を発揮するカードです。カウンターエネルギーはすべてのエネルギー2コぶん、カウンターゲインは無色エネルギー1個コぶんとして使えるので、メロエッタの「ミラクルハーモニー」のエネルギーの重さを最大限カバーできます。

ダメージばらまきデッキはサイドを序盤に取らず、最後に一気にもっていくパターンがほとんどなので、カウンター効果は発動しやすいですよ!

カスタマイズするなら?

非GXデッキ、かつダメカンのばらまきがメインのデッキなので、戒めの祠はぜひ採用しましょう! なんなら4枚入れてもぜんぜんジャマにならないはず!

ダメージの底上げに一役買ってくれます!

メロエッタにとって、ポケモンのどうぐはかなり大切なポイントです。

ねがいのバトンは超エネルギーを次のメロエッタに引き継げるので、しっかりと次の「ミラクルハーモニー」につなげることができます。「レスキュータンカ」もいっしょに採用してあげるとさらに動かしやすく!

のろいのおふだは「こだわりハチマキ」と同様にダメージ加速に! こちらは相手が非GXでもダメージを与えられます。どちらも強力ですが、「カウンターゲイン」も採用されている以上、どうぐが多すぎても使えないので、どのカードにするかをよく絞っておきましょう!

どうぐが重要なデッキだけに、どうぐをデッキから持ってくることができる「ぼうけんのカバン」もあると重宝しますよ!

「超エネルギー」「カウンターエネルギー」「ダブル無色エネルギー」といろいろなエネルギーの中から、いま必要な1枚がコレ! というタイミングがそれぞれあるでしょう。

エネくじがあれば特殊エネルギーでもサーチして持ってくることができるので、よりスムーズに「ミラクルハーモニー」に繋がります!

ダメージばらまきデッキではけっこう定番のククイ博士ももちろんオススメ!

ダメカンを2個ふやせると、サイド1枚に関わってくるのでとっても大切です。このデッキはトラッシュを利用しないので、「かんこうきゃく」あたりと交代でククイ博士を採用してみてください!

「マチスの作戦」との相性も◎です!

ビクティニを置くまでは特性ポケモンが場に出ないので、ブルーの探索も超オススメ!

どうぐやスタジアムなど、必要なカードを確実に揃えられる、いまのポケカ最強格の1枚です!

このデッキの対策をするなら?

メロエッタが見えた時点でベンチにポケモンを並べるのを控えておくのがいちばん有効です。

ポケモンが少ないとメロエッタが乗せられるダメカンも減るので、「マジカルスワップ」の決定力が落ちてしまうんですね。

どうしてもベンチを埋めてしまうデッキの場合は、とにかくメロエッタを倒すことに専念を! エネルギーがメロエッタに集中するので、メロエッタを倒し続ければどこかでスキができるはずです!

その隙にサイド差を広げていきましょう!

コインのチカラを侮るなかれ!

運に依存するデッキがガチプレイヤーにあまり使われないのは、「全勝」という条件がたびたび大会で求められるからでしょう。

ある時に大きくパワーが落ちてしまって、1回だけ下振れを起こすとその全勝を逃す結果になってしまうからですね。

が、忘れてはならないのは、リスクがあるデッキも、相応のリターンがあればどんどん使ってみよう、というのがインゲンの持論です。

ポケモンのゲームのほうでは、チャンピオンズシップでも不確定要素があるワザがたびたび使われます。

「なみのり」(必ず当たる)より「ハイドロポンプ」(たまに外れる)のほうがはるかに採用率が高いように、リスクがない方だけを選び続けても決して最強にはならないということを覚えていてくださいね!

ここぞという時に勝負をしかけることが、1ランク上のプレイヤーへの近道かもしれません!

 

あなたのデッキも記事になります!ぜひ、デッキを投稿してみて下さいね!

 

同じデッキ作者の記事もどうぞ!

編集後談「物欲センサー」

ここまでありがとうございます! 筆者のインゲンです。

あなたは「物欲センサー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。確かモンスターハンターシリーズが流行っていた頃にとても人気になった言葉ですが、つまり

「欲しいものだけ出てこない!!!」という現象を示したものです。

ポケカでもパック開封のときに、こういう経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか? 特に、「ダブルブレイズ」のようなカードの種類が多いセットはそうなりがちですよね。

わたくしインゲンもそういうことがよくあります。が、こういう時に落ち込まず、スマートに受け入れるオトナの対応をご紹介しましょう。

これも何かの縁」と思うことです。これは僕の口癖でもあるのですが、例えば自分が目当てにしていなかったカードが当たった時も、「これも何かの縁」と思えば、その時手に入ったカードを活かしてあげたくなったりするものです。

インゲンの、変なカードを使ってデッキを組みたいという考え方の原点はここにあります。その時当たったカードを使ってあげたいと工夫するのも、カードゲームの醍醐味だと思うからです。

小学生の頃、デュエルマスターズを始めてから、僕はなんと「スーパーレア(ポケカでいうRR)」が100パック連続で当たりませんでした。2年くらいかけて合計100パックを開けたのですが、ぜ~んぶハズレ。僕は子供のころからえらくポジティブ人間だったので、「ここから最強になったらかっけぇよな?」と思い、友だちと、「わらしべ長者」のように、地道にカードの交換を繰り返していったのでした。

結果、小・中学校で50回ほど24~48人規模の店舗大会に出て、11回優勝という、友だちの中ではダントツの結果に。はい。ちょっと自慢話でした(笑)

つまり、何が言いたいかと言うと、あなたも是非、「これも何かの縁」と思ってみて欲しいということであり、「この話、かっけぇよな?」という話でした。

というわけで、今日もエンジョイ! ポケカ部に遊びに来てくれてありがとうございます!

きっとカードゲーマーそれぞれに、「これ、かっけぇよな?」エピソードがあるかと思います。僕は恋人とポケカをやっている方はかっけぇなあ、羨ましいなぁと思ったりします。みんなちがって、みんないいね。

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG