【ポケカ】クチートGX登場!コンボとデッキ案10個一気にドン!【ジージーエンド】

こんにちは! コントロールデッキばかり使っている筆者のインゲンです!

そして……来ました新カード! なんとクチートGXです! なんてかわいいんでしょう……。

しかし、かわいらしいクチートの見た目に反して、その性能はコントロールデッキ(相手のジャマをしていくデッキ)にピッタリの凶悪な能力! 見た目とのギャップがあるのがまさにクチートですね!

めちゃくちゃ私情で恐縮ですが、筆者がいちばん仲の良い友人がクチートが大好きで、ポケカを始めた時からクチートGXを待ちわびていたので、僕もうれしくてたまりません。

それでは、クチートGXを200%使いこなすために情報モリモリで行きますよ!

クチートGXのテキスト

特性「みわくのウィンク」

相手の手札の中から、好きなだけたねポケモンをベンチに出すことができます。今までこの能力は「ヨノワール」の進化時に1回だけだったり、「クサイハナ」がターンに1回、でコインでオモテなら使える……というくらいコストの重い行動で、しかもすべて「1体だけ」場に出すというものでした。

それが、クチートGXをポンと場に置いただけで好きなだけたねポケモンを出させることができるようになったのは大革命です。

なお、このときカプテテフGX、デデンネGX、マーシャドーなどの「手札から場に出した時」の能力はすべて発動しないので、先攻1ターン目などで使用できれば、相手の戦略を封じることも!

他にも「アンノーン」デッキなど、ポケモンを手札に保持しておきたいデッキには強烈に刺さる特性です。

鋼無/ハッスルバイト

相手のベンチポケモンの数×30ダメージを追加するワザで、最大2エネ160という爆発的な火力になります。

特性「みわくのウィンク」もうまく組み合わせてなるべく火力を高く保ちたいところですが、ポケモンが少な目のデッキも多いので、デッキ常に160ダメージを出せる前提でデッキを組むのはあまりオススメしません。

だいたい、2エネで100前後のダメージ(それでもかなり強いですけどね)くらいが出るポケモン、というイメージで運用してみると、より良いデッキになるはずです!

鋼無/ビッグイーターGX

まさかのサポートを全部引っこ抜くという凶悪なGXワザです。単純に、ポケカのドローソースはサポートであることがほとんどなので、これでドロー手段を潰してしまうと、相手は一気に動きが苦しくなります。

それを一手で可能にしてしまう性能は、みなさんの想像以上にテンポ面でのアドバンテージがあると思います。

相手は「カプ・テテフGX」「デデンネGX」などをドローソースにして復活したいところですが、それも自身の特性「みわくのウィンク」で封じることができるのが素晴らしい!

 

 

クチートGXと相性のいいカード!

①ジャッジマン、イリマなど

要するに「手札リセット系」のカードです。「やぶれかぶれ」のマーシャドー、「ロケット団のいやがらせ」、「ビッケ」あたりもこれに当てはまります。

こうすることで相手の手札がリセットされるので、クチートGXの「みわくのウィンク」で出したいたねポケモンが相手の手札に再入荷されるかもしれない、というワケですね。

ただし、こちらも引き直した後に「クチートGX」を持っていなければならないので、「ハイパーボール」「ポケモン通信」など、引き直した後にクチートGXにアクセスできるカードを多めに採用するといいかもしれません!

また、ジャッジマンあたりはシンプルに相手の手札を減らせるのが大きいですね。そのあとに「ビッグイーターGX」で相手のサポートを落としてあげることで、相手のドローソースを絶って、相手に大事故を起こしてやるという極悪コンボも!

②のぞきみレッドカード、リセットスタンプ

相手の手札を見て、引き直させることができます。要するに、①でご紹介したカードの、自分は引き直さないバージョンですね。

こちらのほうが、自分はクチートGXを手札にキープしたまま相手だけポケモンを再入荷させられるので相性がより良いかも!

ただ、今はなかなか手に入らないカードで、ちょっとお値段が張るのがネックですね。他のデッキに使うことも少ないので、わざわざ買うよりは、持っていたら使うくらいで良いと思います!

■追記

クチートGXよりもあとに発表された「リセットスタンプ」も同様にめちゃくちゃ相性がいいです!

こちらは状況によっては手札を減らすこともでき、疑似的なハンデス(手札破壊)にもなるのでより凶悪ですね!

③びっくりボックス

相手のトラッシュのたねポケモンを手札に戻させることで、こちらのクチートGXが「みわくのウィンク」を使った時に確実に成功するようになります。

特に、「カプ・テテフGX」や「デデンネGX」は攻撃の的にするととてもサイドが美味しいので、この効果で場に出してあげるとかなり大きいですね。

④シルヴァディGX

強烈なコンボではありませんが、どこをとってもクチートGXと綺麗につながる1枚です。

特性「ジャイロユニット」でクチートGXは逃げエネが0になり、「ターボドライブ」は攻撃しながら、普段はどうしても攻撃に2ターンかかるクチートGXにエネルギーをつけることができ、そしてリベリオンGXは「みわくのウィンク」で増えた相手のベンチポケモンの数だけ火力アップ!

この上ない素晴らしい噛み合わせですが、これだけガッチリした相性の良さがあってもシルヴァディが必須というわけではないのが、昔のカードのカードパワーの悲しいところというか、なんというか……。

⑤ラブカス

ラブカスの「おあいこ」は相手のベンチポケモンの数だけ、こちらもベンチを増やせるというワザ。クチートGXの「みわくのウィンク」と組み合わせて、一気に場を整えることができます。

なお、「相手のベンチの数と同じになるまで」ではなく、「相手のベンチの数だけ」場に出せるので、こちらのベンチが2体なら、相手のベンチが3体いるだけで満タンになるまで場に出すことができます。

さすがにラブカスはとりあえずで採用できるカードではないですが、むしろデッキをラブカスを活かす方向に寄せてあげると面白くなるのかなと思います。

なんだかんだ「みずのはどう」も確定眠りを起こせる優秀なワザですから、何かに活かせるといいなぁ。

⑥ルナアーラ◇/ソルガレオ◇

どちらも、「相手の場のポケモンの数だけ」トラッシュからエネルギーを味方につけるワザを持っています。もう言うまでもないですが、クチートGXの「みわくのウィンク」と相性がいいですね。

特にソルガレオ◇はクチートGXと同じ鋼タイプですし、鋼はエネルギー加速をしようとすると大掛かりになりがちなタイプなので、これだけお手軽にエネルギーを供給できるのは素晴らしいです。

ソルガレオ◇は「とりあえず」のノリでクチートGXと同じデッキに入れても割としっかり活躍してくれるのでオススメです!

⑦エネルギー破壊セットのみなさん

こちらは主に、「ビッグイーターGX」で相手の手札をトラッシュすることに重きを置いたコントロールタイプに寄せたデッキで必要になります。

手札からドローソースを落としてしまえば、あとは相手がエネルギーを使って強力なワザを使うことだけが脅威です。そこをしっかりブロックてあげることで、クチートGXの170という低めのHPを守ってあげましょう!

クチートGXが軽く倒されてしまうと、せっかく手札を減らしたのにサイドをとることで復活されてしまう可能性があるので、こういったトレーナーズで助けてあげるのが想像以上に大切です!

⑧鋼鉄のフライパンなど

⑦に続いて、「クチートGXをどれだけ守れるか」というところに重きを置いたカードです。クチートGXはその性質上、他のカードよりも手札のアドバンテージを大切とするので、なるべく相手にサイドをとらせたくないワケですね。

特に鋼鉄のフライパンは、今の炎タイプの流行に対して強く出ることができるのでとてもオススメです。

特に、大人気の「ウィンディ」のワザをヒートタックルまで耐えるのがかなり大きいです。ウィンディは「こだわりハチマキ」ではなく、「ねがいのバトン」を使うケースも多いので、1発で倒されることがほとんど無くなるというのはかなり頼もしい!

こちらが「フィールドブロアー」を採用していれば、相手のねがいのバトンを落としつつ、エネルギー4枚分のテンポを奪えるのでウルトラアドバンテージですよ!

⑨エリカのおもてなし

相手の場のポケモンが多いほど強いカードとして、今や筆頭カードのエリカのおもてなしもオススメです!

こちらがそこそこ手札を消費するデッキであれば、まず採用して良いと思います!

なお、ここでエリカを出したのはシンプルに忘れていたからです。ラブカスの方が先に出てきちゃいました。てへ。

⑩カポエラー

カポエラーは「フィニッシュコンボ」で相手のポケモン全員に60ダメージを与えることができますが、このタイミングにクチートGXを合わせて出せば、相手のHP60以下のたねポケモン(進化元とかね)を引きずり出すことでサイド1枚につながったりします!

これ以外にも、ダメカンばらまきデッキに対して手札にポケモンを保持するという戦略をとる人も多いので、ばらまきデッキにクチートGXは幅広く採用できると思います。

 

クチートGXのデッキ!

ひたすら相手のジャマをする凶悪なコントロールデッキ! 君に使いこなせるか!?

好きなポケモンがカード化したら嬉しいよね

と、いうわけで、クチートGXの特集でした。

冒頭でも書きましたが、僕がずっとポケカをして遊んでいる友人がクチートが大好きなので、この日が来てほんとうによかったなと思うわけです。

ところで、あなたの好きなポケモンは何でしょうそのポケモンはカード化されましたか? カード化されても、ビミョーな役回りだったり、主役級だったりして人それぞれだと思います。

わたくしインゲンが好きなのはチャーレムで、SMレギュレーションにも1枚だけいます。なかなか面白い能力なんですが、やはりこのごろのポケカのインフレーションの波にのまれて、数々のハードルを越えて170という火力に終わるのはなかなか難しいところがあります。

だもんで、贅沢なことですが、やっぱりチャーレムGXがいつか来てくれないかと思っちゃうわけです。

これだから、ポケカはやめられない。ある種好きなポケモンが主役になるのはひとつのゴール感があって、むしろそれが実現してしまうと次の楽しみがなくなっちゃうのかもしれませんが、それでも望まずにはいられない、複雑なポケカプレイヤーゴコロ、あなたもきっとお持ちなんじゃないでしょうか。

なんじゃこのエンディングは! 普段はこのスペースでカードの性能を総括したりしてもっと有益な話をするのですが、今回はマジで編集後談みたいな感じになっちゃいました! ゴメン! それではまた次回!

 

 

編集後談「お嬢様とデートをする話」

ここまでありがとうございます! 筆者のインゲンです。

この記事で話に挙がった僕のいちばん仲のいい友人はたいへんに顔がカッコよく、お酒が入ると「女性に困ったことがない」と語るくらいのモテ男なのですが、そりゃそうだよなと納得できるくらいに根っこから心優しい人間でもあり、だからこそ僕も彼を心の底から応援できるのですが、対照的にわたくしインゲンは恋愛がとてもヘタクソなので、それをみじめに思う瞬間もないと言えばうそになります。

とはいえこうやって文字を書くことでみなさんに元気を分け与えるお仕事をさせていただいている身として、それを「悲しいよね~」で終わらせてちゃお仕事が成り立ちませんので、ここはひとつ、インゲンが人生で唯一彼女がいた期間の話をさせてください(笑)

それは中学2年~高校1年の期間で、今からもう7年以上前の話になるのですが、当時クラスメイトで想いを寄せていた女の子がいまして、ひょんなことから手紙交換をすることになり、それからしばらく手紙で何気ない自分の日常を報告し合うなかで、ある日僕の方から「好きです」と手紙に書いて渡したのがはじまりでした。いまどき珍しいラブレターです。

それから話をする中で判明したのですが、どうやら彼女はちょっといい家のお嬢様らしく、そのためか相手方の両親のブロックが固くて、(また普通に僕が奥手だったのもあって)、一般的な「カップル」がやることはほとんどしませんでした。(僕は色々したかったけどね!!!)

ただ、ある日、「ある大学のオープンキャンパスに行こう」ということになりました。普段はバイオリンの習い事などで忙しい彼女も、オープンキャンパスという名目でなら家を抜け出して僕と会うことが許されたわけです。これが、僕と彼女の、3年間で最初で最後のデートでした。

それまでは2人だけの空間というのはほとんどなく、手紙の上か、学校の休み時間に教室に2人だけになったりした一瞬の時間でだけそれを味わっていたのですが、いきなり数時間も2人だけの時間ができてしまったわけです。お互い何をしていいかわからず、もう色々頭の中がいっぱいになった頃、彼女の方から、謎の提案をされたのです。

図書館でかくれんぼしない?

なんじゃそりゃ!!! かわいいかよ!!!!!

結局、大学の図書館にありがちな「スライド式の本棚」の隙間にかくれる彼女を僕が探したよ、という、よくわからんけど甘酸っぱい思い出の話でした。書いてて恥ずかしくなってきた。

というわけで、今日もエンジョイ! ポケカ部に遊びに来てくれてありがとうございます!

いや~、今回の編集後談は長かったですね。マジでここまでありがとうございました。にしても、カップルでポケカなんてめっちゃ憧れません? 最高ですよね。僕のカップルの思い出は図書館かくれんぼオンリーなので、さすがに普通のカップルらしい経験をしてみたいものです。ひとり身のあなたにも、あわよくば僕にも、良い出会いがありますように。

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG