カスミデッキって強いの? スターミーGXを120%使いこなすには!

1月25日発売「ハナダシティジムのカスミ」その実力は?

 

こんにちは! インゲンです。

2019年1月25日発売「ハナダシティジムのカスミ」が公開され、筆者の私はこのスリーブやデッキケースの時点で「買います!」と声を上げたわけですが(笑)、やはりみなさんが気になっているのはその実力かと思います。

と、いうわけで、現在公開されている3枚のカードから、実際にどう使っていけるのかをじっくり考察していきますよ!

YouTubeの動画でも解説しているので、お好きな方から見て下さい♪

スターミーGX

今回の目玉カードは「スターミーGX」。

かいてんアタック」「ハイドロポンプGX」はスタンダードな攻撃ワザです。ハイドロポンプはGXワザを切って使うだけのリターンがある強力なワザなので、いつでも撃てるように視野に入れて戦いましょう!

ですが、「かいてんアタック」がちょっと勿体ないですね。全て水エネで良かったからもう少し威力を上げて欲しかったところです。無いよりは全然いいですけどね! なんだかんだ振る機会は少なくないと思います!

さて、ここからが本題ですが、スターミーGXの何よりの特徴は「スターストリーム」でしょう。水エネ1つで、40ダメージに加え、トラッシュの水エネ2つを好きなポケモンにつけることができます。

「タッグボルト」で収録されたばかりの「スターミー」にそっくりの能力ですね。

非GXかつエネルギーの色も問わず、確実に3枚エネルギーを持ってこれるこちらのほうが強いのでは?

……実際に、エネルギー加速だけを担当するなら非GXのスターミーのほうが優秀かと思います。 が、「スターミーGX」の強みは別のところにもあるわけですね。

それは、エネルギー加速とアタッカーを兼ねることができるという稀有な特長にあります。詳しくは、次のカードを見てからにしましょうか。

カスミのハナダシティジム

スターミーGXを強力なカードたらしめるのがこのカード。スタジアムとして貼っているだけで、スターミーGXのワザの威力が40アップします。

例えば、スターミーGXに「こだわりハチマキ」をつけ、「カスミのハナダシティジム」を貼っていれば、「スターストリーム」でエネルギー加速をする「ついでに」110という大ダメージが出るわけですね!

専用カードだけにぶっ飛んだ性能です。通常ならプリズムスターでもおかしくないパフォーマンスを発揮してくれるので、スターミーGXを運用するなら必須カードなのは間違いないでしょう。

以前、ブースターGXの「ヒートステージ」って強いよねという記事を書きましたが、それとも少し似ているかもしれません。

タイプや進化元など条件が違い過ぎるのでスターミーとの厳密な比較はできませんが、攻撃とエネ加速が同時に行えるワザがどれだけ強いか、皆さんも対戦中に実感したことがあるかと思います。

ハナダシティジム下のスターミーGXの「スターストリーム」は威力80で、かつ優秀なエネルギー供給ワザになりますから、そう考えるとかなり強いですね。

カスミの水さばき

かわいい~~~~! の、ですが、性能は今のところちょっと微妙かな~という印象です。

場の対象ポケモンの水エネルギーを自由に付け替える能力を持っているのですが、ほとんどの場合「ヌオー」のほうが使いやすいんですよね。

少なくとも、ヌオーが入っているデッキに共存するのはちょっと難しいんじゃないかな~と思います。

まだ公開されていないですが、カスミのデッキに収録されている「ギャラドス」「ラプラス」あたりのエネ要求が多ければ、ヌオーに枠を割かずにエネを動かしてくれるカードとして「カスミの水さばき」も少しは活躍の場があるかもしれません。

筆者はなんとしてでも無理矢理使いますけどね! かわいいので!!! 

で、カスミデッキは強いの?

さて、結論ですが、強いです! ……が、汎用性はあまり高くないように思います。

これは同時発売の「ニビシティジムのタケシ」にも同じことが言えますが、良くも悪くも専用デッキを組んであげる必要がありそうですね。

今まで通り「ヌオーアーゴヨン+主役」というデッキタイプが主流で、それとは別に、「ヌオースターミーGX+α」みたいな新しいデッキタイプが参入していくという形になると思います。

 

スターミーGXはこう使おう!

スターミーGXを使うなら、例えば「スターストリーム」で「コイキング&ホエルオーGX」にエネルギーを供給してあげながらゴリゴリ殴るという作戦はシンプルながら王道でしょう。

「コイキング&ホエルオー」についたエネルギーは「ヌオー」で取り出して「ハイドロポンプGX」の火力に使うこともできるし、そのまま「キングザブーンGX」に使うこともできます。

進化GXやタッグGXのような大型ポケモン主体のデッキにはハイドロポンプ、非GXなどにはキングザブーンと、GXワザをどちらに切るかを相手によって切り替えられるので、「ヌオーアーゴヨン」型のコイキング&ホエルオーよりも相手を選ばないのが素晴らしいです。

この2体をエースにするなら、ダメージを受けたスターミーGXを一時的に逃がして(逃げエネ0が嬉しい!)、コイキング&ホエルオーGXにヌオーでエネルギーを全部流してから、「アセロラ」で回収してあげることでテンポロスなしで回復が行えるのも綺麗ですね! かなり良いデッキになりそうです! 

 

 

と、いうわけで、以上カスミデッキの先行公開カード3枚の事前評価でした!

どんな内容でもカスミデザインのスリーブやデッキケースが買える時点で絶対買っちゃうんですが(笑)、カードもかなり面白そうです!

これからのカード情報の解禁にも期待ですね! それでは、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

編集後談

カスミは英語で「Misty」というそうで、なるほど、「霞(かすみ)がかった」という意味ですから、日本語をもじって英語名にしているのですね。面白い。

サトシは英語で「Ash」。これは「Satoshi」からa,s,hを抜き出したものだそう。へぇ~。

他にも、「アーボック」はそのまま「Arbok」らしいのですが、これは「cobra(コブラ)」を逆読みしてこうなったのだとか。それぞれに歴史があるんですね~。

筆者は外国人の友人がちょっとだけいるのですが、ポケモンをしている人が居ないので、こういう海外事情が訊けなくてちょっと寂しいです。女の子トレーナーで誰が人気とか、知りたいなぁ~。

と、いうわけで、皆様からの情報お待ちしております(笑)!

ではでは、最後の最後までありがとうございました! また次の記事でお会いしましょう!

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG