ピカチュウ&ゼクロムGX×ほっぺすりすり!?「ほっぺボルト」ポケカデッキ紹介

みんなの力で放て!最大チャージの「タッグボルトGX」

タッグチームを120%活かすぞ!「ほっぺボルト」

いかにも主人公っぽいリストですね! かわいさとカッコよさが共存していて使っていてもすごく見栄えしそうです。

こんにちは!インゲンです。今回はもともと、ポケカ新弾のタッグボルト収録「エレキシェイカー」のマルマインをどう使おうかと考えて完成したデッキで、実際にマルマインはこのデッキには欠かせないパーツなのですが、どうにもピカチュウ&ゼクロムとほっぺ軍団の華々しさに押され、脇役っぽくなってしまいました(笑)

ので、せめてもの供養で記事の一番上にマルマインの画像を掲げておきます。良い表情してるね

さて、このデッキは先に使い方を説明しておきたいので、ざっとまとめておきますね。

戦い方

①エモンガの特性「ほっぺのつどい」でエモンガ→エモンガ→……と集めていき、最後にパチリスを持ってきます。

(ベンチが1つだけ空くくらいに「ほっぺすりすり」を持つポケモンを集めるのがオススメです。)

②パチリスの「すりすりはつでん」で雷エネルギーを大量に持ってきて、場のポケモンにばらまきます。

(ここでベンチにビリリダマを置いておくとGood!)

③ベンチに「ピカチュウ&ゼクロムGX」を出した後に、マルマインを場に出して「エレキシェイカー」を使用!

ほっぺ軍団のエネルギーたちをピカチュウ&ゼクロムGXに集めます

④最大火力の「タッグボルトGX」で相手の主力を突破!ベンチで準備しているポケモンも吹き飛ばせるので、相手は作戦を立て直すことになるぞ!

エレキシェイカーを使ったターンに、そのままピカチュウ&ゼクロムGXを場に出せるように工夫しておくと◎!

(前のターンにパチリスがやられていれば逃げエネ0のエモンガを場に出しておく、やられていなければ、エレキシェイカーでパチリスにエネルギーを1つだけ残してにげるために使う、グズマを手札に持っておく、など!)

ゲームがほぼ傾くはずなので、「フルドライブ」で次のターン以降も押し切ってしまいましょう!

と、いう感じです。

採用されているポケモン全てがコンボパーツとして綺麗に機能するので、無駄のない綺麗なリストになっているんじゃないかと思います。

ここからはトレーナーズも見ていきます。大枠はポケモンとエネルギーだけで完結するデッキなので、トレーナーズはお好みでカスタマイズしていただいてOKですが……今回はもうひとつ、わたくしインゲンと言えばコンボ、ということで、ちょっと面白いコンボを搭載しています。

カギはポータウン。そもそもピカチュウ&ゼクロムGXの「タッグボルトGX」は、200ダメージと170ダメージを振り分けることができますが、GXポケモンに対してちょっとだけダメージが足りないことがあります。1進化ポケモンはHP210だったり、2進化ポケモンは250だったり。

そんな相手に対してちょうどいいダメージを与えてくれるのがこのポータウン。貴重なダメージ源になってくれます。が、採用理由はそれだけじゃないんです!

このアセロラとポータウンとのコンボが綺麗なんです!

ポータウンは、自身のマルマインが進化したときもダメージを与えるので、このアセロラでマルマインを手札に戻すことができます。その時に空いたベンチに2体目のピカチュウ&ゼクロムをセットして、バトル場のピカチュウ&ゼクロムにねがいのバトンを持たせれば、連携攻撃の準備は完了!

仮に「ねがいのバトン」が相手の「フィールドブロアー」でトラッシュされても、ピカチュウ&ゼクロムの「フルドライブ」でベンチにエネルギーを溜めておけば、もう一度マルマインを出すだけでエネルギーを移し替えることができますよ!

アセロラは、それだけでなく、単純にバトル場でダメージを受けているピカチュウ&ゼクロムを手札に戻して回復してあげる役割も持っています。エネルギーも手札に戻ってきちゃいますが、マルマインでもう一度移し替えたり、「ほっぺすりすり」で時間を稼ぎながらエネルギーを溜めたりして、次の準備をしましょう!(GXワザを使った後は雷エネルギーを3つだけしか使わないので、集めるのも簡単です!)

ねがいのバトンにはもう一つ、序盤の「すりすりはつでん」をしているタイミングでパチリスにつけてあげるというかなり雑な使い方もあるので少し多めに採用していますが、本来はそんなに多くは必要ありません。

とはいえ、1ターンですりすりはつでんでチャージできる雷エネルギーが4つだったとして、パチリスが倒されると場にあるエネルギーの合計はもちろん4。次のターン手札からエネルギーを貼っても5つなので、地味に「タッグボルトGX」の5つに届かなかったりするということはけっこうあって、ねがいのバトンを序盤に使うだけで1ターン分のアドバンテージにつながったりすることも結構あります。シロナやリーリエなどを使用する前に手札を減らしておきたいタイミングなどでは積極的に切ってみてくださいね。

カスタマイズするなら、非GXのゼクロムもオススメです。このデッキは「タッグボルトGX」を早く、かつ安全に使うことをゴールにしていますが、一度それを使った後は雷エネルギーが余りがちなので、その使い道として雷エネルギーを多めに消費するポケモンを採用してあげるといい味を出してくれます。

このデッキの対戦相手のサイドの取り方は1(パチリス)-3(ピカチュウ&ゼクロムGX)-2(ピカチュウ&ゼクロムGX)という形になりやすいかと思いますが、

1-3-1(ゼクロムなど、非GXのアタッカー)-1とすることで最も無駄のない形をとれます。とはいえ、相手サイド残り1の状態でも勝ちきれていないと、最後にグズマが怖すぎるので、一長一短ですかね。

なお、現在手に入れるのが困難で、ポケカの中でもやたら値段が高いサンダーマウンテン◇は不採用にしていますが、持っていれば迷わず採用してください。言うまでもなくめっちゃ強いです。

プリズムスターなのでこのカード前提の構築にするのはいささか無理がありますが、いざ引けてしまえばとんでもなく助かる一枚でもあります。

 

スポンサーリンク

 

ちょっと難しいコンボデッキですが、決まればいかにも主人公! な爽快コンボが楽しめます。

相手も予想できないところから突然ゲームが終わるレベルの攻撃が飛んでくるので、びっくりするはず!

是非マルマインの面白い奇襲性能を、みなさんの手でお試しください!

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG