【キラ0枚】ホエルオーが超強いって知ってた!? 安いのにガチなポケカデッキ!【リミックスバウト】

  • 7月 2, 2019
  • 7月 3, 2019
  • ??????

ホエルオーが超強いって知ってた!? 安いのにガチ「バニラ・クジラ」

ポケカ部STAFF
インゲンさん、ついにリミックスバウトのリストが来ましたね! 今回こそは、「売れる記事」を書いてくれるんですよね? TAG TEAMとか!

 

インゲン
任せて! 今回はリミックスバウトの目玉カードの記事を書いて、ジャンジャン人を呼び込もう!

 

ポケカ部STAFF
……やっと改心してくれたんですね!  よかったぁ。で、そのカードっていうのは?(ウキウキ)
インゲン
ホエルオーかな。
ポケカ部STAFF
は?
インゲン
ホエルオーかな。
ホエルオーかな。

このデッキの動かし方かな。

というわけでこんにちは、インゲンです。「あー、ついにこの人はおかしくなってしまったんだな」とお思いでしょうが、ご安心を。僕はずっと前からおかしい。

とはいえ、インゲンがバニラ(特別な効果を持たないカード)を取り上げるのはこれが初めて。このカード、計算し尽くされた、とても美しい調整をもらっているので、とにかく使ってみたかったんです。

多くの人にこのホエルオーの良さを体感していただきたかったので、「カプ・テテフGX」「デデンネGX」などがいらず、とても安いレシピにしました。

で、本題。このデッキはホエルオーを活かすデッキなので、まずは主役の説明を少し。

ホエルオーのここがステキ!
①非GXの1進化なのに、「ムキムキパッド」込みで、レシラム&リザードンGXの「フレアストライク」をギリギリ耐えてしまうHP!
②サポートナシで炎TAG TEAMをちょうど1撃で吹き飛ばせる140火力!
③サーチしやすく、ムキムキパッドも使える逃げエネ4!
④「ハイドロスプラッシュ」の準備中でもしっかり動けて、カラマネロまで圏内にできる使いやすい3エネ90ワザ!
何より、HP200(ムキムキパッド込み250)なのに、倒してもサイドを1枚しかとれないという、今までのポケカではほとんどなかったサイドレースを繰り広げてくれるのが魅力です。
最近のダメージ計算は相手がポケモンGXの前提で組まれていたりするので(こだわりハチマキとかね)、ほとんどのデッキにとって「計算外のポケモン」として鎮座してくれるはず。
TAG TEAMが本気を出しても倒すのに2ターンかかっちゃう非GXなんて、使うしかないっしょ!
そして、ホエルオーと同じくリミックスバウト収録の「ザングース」も採用しています。この子めっちゃ強い!
「ざんこくなやいば」で、相手にのったダメカンぶんダメージを与えるというお手軽火力です。
例えばホエルオーが「ハイドロスプラッシュ」の140ダメージだけ与えて倒されてしまっても、次のターンザングースにポンとダブル無色エネルギーをつけてあげるだけで、160ダメージ! 合計300です。
これで、ホエルオーの得意な炎タイプだけでなく、どのタイプのTAG TEAMも相手にできそうです。
にしても「ざんこくなやいば」、ポケモン感ないワザ名でカッコイイ。
せっかくホエルオーが逃げエネ4で、「ムキムキパッド」も使うとなると、逃げエネ4と相性のいいカードをもっと採用したくなります。
「かいじゅうマニア」は、専用デッキでは必須パーツと言ってもいい強力なサーチサポート。
序盤にホエルオーをサーチして並べてしまえば、ハイ、最強盤面の完成! 序盤から中ダメージを出す速攻デッキ相手にもビクともしません。
せっかくならホエルオーだけじゃなく色々なポケモンをサーチしたいので、「ベロベルト」「ベロリンガ」も採用してみました。
ベロリンガは「どすこいドロー」で欲しいカードを引きにいくことに長けていますし、なんといってもベロベルトの「ベロベロらんぶ」は超強力ワザ。
3エネ90だけでも及第点なのに、相手の手札、デッキの1番上、エネルギーまでトラッシュしちゃうという意味の分からないコスパをしています。
「スマホ契約するとNintendo Switch ついてくるよ!」みたいなキャンペーン、よくありますよね。「え!? そんなものつけちゃっていいの!?」みたいな。そういうことです(?)。
こちらのワザが色々な相手に届いちゃううれしい1枚、戒めの祠。
たとえば3回「戒めの祠」のダメージが入ったカプ・テテフGXは、ホエルオーの「ハイドロスプラッシュ」圏内に入ります。
他にもこのカードが強いパターンは無限大! 戒めの祠がずっと残って相手のベンチに7個とかダメカンが残ったりしますが、そうなるとザングースの「ざんこくなやいば」の火力がかなり出たりもします。
スタジアム争いに勝つために、もう1枚くらい採用した方がよかったかなぁ。

カスタマイズするかな。

逃げエネ4ポケモンってすごく多くて、今回採用したベロベルト以外にも優秀なポケモンがズラリと揃っています。

お手元のカードと組み合わせてあげると、思わぬ強さを発揮することがあるかも!

上に挙げた2枚は、その中でもインゲンのイチオシです!

非GXなのにものすごくHPが高いホエルオーを活かすために、「アセロラ」を採用しても面白いと思います。

2ターンかけてやっと非GXを倒そうと思ったのに、手札に帰っちゃったんだけど!!!

となったら、相手もかなりガックリきちゃうはず。こちらのエネルギーも帰ってきちゃうので、うまく再利用してあげたいですね。

 

リミックスバウトメインのデッキPICK UP!

編集後談「ホエルオーと現実のクジラ、どっちがデカい?」

ここまでありがとうございます! 筆者のインゲンです。

あなたは、ポケモンのグッズを買ったことがありますか? この記事を読んでくれているあなたなら、あるかもしれませんね。

僕はそのなかでも、「ぬいぐるみ」を時々買います。家にぬいぐるみがブワー! ってある部屋にしたいわけではないので、ほんとうに「時々」なんですが、今まで買った中でもいちばん大きなぬいぐるみが「ホエルオー」でした。

枕として使えちゃうサイズで、ときどきホエルオーに頭をあずけてお昼寝をすることもあります。それくらいデカい。お値段は確か……3500円くらいだったでしょうか。

それもそのはず、ホエルオーはポケモンの中でも最大で、体長は14.5mもあるそうです。とんでもないデカさ。日常で見上げる信号機だって5mくらいの高さしかありません。その3倍!!

はい、ここで編集後談のタイトルに戻ってくるのですが、ホエルオーよりデカい現実のクジラっているんでしょうか。どうだと思いますか?

 

正解は、「めっちゃいる」。実は、現実のクジラのほうがむしろ大きいんです。

ホエルオーが14.5mなのに対して、セミクジラやザトウクジラは15m、ナガスクジラになると20mを超え、シロナガスクジラは25mにまでなるそう。

ということで、ホエルオーはちょっと小さめのクジラなのでした。現実にもホエルコみたいなまんまるなクジラがいたらカワイイのにね。いないのかな。

これから海水浴シーズン。クーラーの効いた家でポケカをするのもいいけど、時には外に出て、生き物を観察してみるのも大切ですよ

僕も今度、忙しい友だちを無理やり引っ張り出して海に行ってみたいと思います。それでは!