タッグボルト収録「ギャラドス」の使い方はこうだ!「だいぎんじょう」デッキ紹介

  • 12月 4, 2018
  • 2月 7, 2019
  • ??????

ギャラドス(だいぎんじょう)が大暴れ! こう見えて超ガチデッキ!

力に任せて暴れ狂え!超速攻デッキ「だいぎんじょう」

な、なんじゃこりゃーーーー!!(笑)パッと見てデッキにすら見えない衝撃のリストですが、ちゃんと60枚です!しかも、めっちゃガチデッキ

こんにちは! インゲンです。タッグボルトのカードリストが公開されてから、筆者の印象に一番残ったカードが「ギャラドス」でした。

何をどう考えても強い。強すぎる! 色々な使い方が思いついて、だいぎんじょうのギャラドスだけで3つはデッキを組んだのですが、今回はその中でも最も分かりやすい、小細工なしの超ハイスピード速攻デッキバージョンをご紹介します!

やりたいことはいたってシンプル

ギャラドスのワザ「だいぎんじょう」をフルに活かすだけ! 「だいぎんじょう」は、山札の上から7枚を見て、その中の水エネルギーの数×30ダメ―ジが出ます。基本ダメージが30あるので、7枚全部がエネルギーであれば、その火力はなんと240!!!

試合の終盤に、タッグGXが、エネルギーを5コや6コ使ってやっと出るような超火力が、なんと非GXのギャラドスから、しかも2ターン目という超序盤からポンポン出てきます。そりゃ強いって!

なお、この時めくれた水エネルギーはデッキに戻り、それ以外のカードはトラッシュに行くので、デッキのエネルギー率がどんどん上がっていきます

そのために、脅威の水エネルギー40枚体制

以前、「アクジキングGX4枚」+「悪エネルギー56枚」という超絶シンプルなデッキが大会で優勝したという報告を目にしたことがありますが、それに近いものがありますね。

ただ、当然ですがエネルギーが多いということはそれだけ事故も起こりやすいということ。それを防ぐためにどんな工夫をするかが人によって分かれてきますが、今回筆者が採用したのが……

こちら、アローラロコンです! 何度見てもかわいすぎる~!

ワザ「みちしるべ」で、山札のポケモンを2枚引っ張ってきます。これで「コイキング」や「ギャラドス」を手札に加えることで、スムーズに作戦を実行させようというコンセプトです。

また、ギャラドスには隠れた弱点がありまして、「だいぎんじょう」は、めくれたポケモンはトラッシュに行ってしまうので、最悪の場合1体目のギャラドスが2枚目以降の他のギャラドスをトラッシュしてしまって、1体目が倒されただけでもう戦えなくなっちゃった、ということになりかねません。

アローラロコンには、それを避ける役目もあるのです! 1,2ターン目にみちしるべで「ギャラドス」を手札に回収しておけば、もう怖いものはありません!存分にギャラドスで暴れましょう!

「コイキング」「アローラロコン」をなんとしてでも序盤に用意しておきたいので、せせらぎの丘も4枚投入しています。

ギャラドスは「アローラロコン」から連鎖するように連れてこれるのですが、その大元となるアローラロコンを出す方法が欲しかったのと、コイキングも早い段階で出しておかないと進化に1ターンかかりますので、ギャラドスの速攻に強いところを活かすために序盤にコイキングを引いておきたい、ということで採用しました。

これはオマケですが、相手の「ブラックマーケット◇」などの厄介なスタジアムもこれで破壊できるので、1枚で2度おいしいですね。

レスキュータンカも4枚フルで採用しました。ギャラドスに頼りっきりのデッキなので、倒されたギャラドスはすぐさま場に復帰してほしいんですよね。

また、ギャラドスのだいぎんじょうで少なからずギャラドス、コイキングのどちらかがトラッシュされるでしょうから、のちのちポケモン不足に陥る前にも、レスキュータンカで救出してあげたいところです。

とはいえ、超速攻デッキですから、相手の戦略が整う前に押し切るのが目標です。レスキュータンカの出番もなく、ギャラドス1体で無双してしまうのが理想形ですので、「あったら安心」くらいのつもりでプレイしてあげてください。

 

以上、「だいぎんじょう」でした! シンプルでわかりやすかったですね!

このデッキが強いというのはロストマーチデッキを見れば明らかで、あちらはギャラドスに比べて複雑な準備が必要にも関わらず、序盤から200を超えるダメージを出すことはできません。

しかもギャラドスは1進化の中でも高水準の「150」のHPを持っていて、ロストマーチとは違いダメージばらまき系のデッキではびくともしません。

逆にちょっと事故が起きやすいのがギャラドスの弱点ですが、それを補って余りあるパワーがあるデッキだと思います。

非GXデッキなのでサイドレースでも不利になることはありません! マジで完璧ですね。これはヤバいかもしれません。

初心者でも使いやすくて、なおかつめっちゃ強くて、高いカードも使わない。最高の3拍子が揃っています。エネルギーを集めるのだけたいへんですが、先日発売した「シャワーズGX」のデッキなどを購入された方などはチャンスかもしれませんね。

ぜひこのデッキで、難しいことを考えず、爽快な超速攻を決めてみてください!

こちらも水エネルギーたっぷり!カメックス

スポンサーリンク

 

編集後談

「だいぎんじょう」は、おそらくお酒の「大吟醸」のことかと思いますすが、なぜこんなネーミングになったのでしょうか。

デッキの不純物を取り除いて、どんどんデッキが透き通った水(エネルギー)だけになっていくさまを、大吟醸のような透き通ったお酒になぞらえたのかもしれませんね。

これを読んで下さっている方は未成年の方も多いかと思いますが、将来はお酒を飲んでみたいですか? 多分、ちょっとした憧れがあるんじゃないかなあと思います。

筆者もご多分に漏れずその一人だったのですが、成人してみれば見事にお酒が飲めない体ということが判明! みんなが楽しそうにお酒を飲んでいる中、私は一杯目を飲み終えた頃には、ぐったりしています(笑)

ここまでお読みいただいたあなたも、どうかお酒はほどほどに、楽しく付き合っていって下さいね。

それでは、ありがとうございました! また次の記事でお会いしましょう!