カブトプス×オムスターで完全ロック!凶悪デッキ「化石の呪い」紹介

カブトプス×オムスターを絡めた最強コンボ!君に使いこなせるか!?

ハマると二度と動けない! 恐怖のコンボデッキ「化石の呪い」

渾身の一作です。このごろ、カードが揃えやすかったり、初心者でも使いやすいデッキを多くご紹介していましたが、もともと私はヘンテコなコンボデッキを組むのが大好きなので、今回は久しぶりに本領発揮です。

とはいえ、ご紹介してきたシンプルなデッキも、毎回ちょっとしたコンボを仕込んでいるので、結局いつもめっちゃ楽しくデッキを考えています(笑)

と、いうわけでこんにちは!インゲンです!

今回は「カブトプス」が主役のデッキ。早速コンボをご説明していきます!

まず、「カブトプス」の特性「かせきのきおく」は、自身がバトル場にいる間、相手のサポートカードの使用を禁止します。

めちゃくちゃ強力なんですが、自身がバトル場にいなければならないので、アッサリ倒されてしまいがち。その弱点をどうにかできないかと、2時間ほどカードリストを見ながら頭を悩ませました(笑)

その弱点をカバーするコンボは、後述します!

なお、ワザ「いわなだれ」はバトルポケモンに80、ベンチ2体に20ダメージを与える面白いワザ。このデッキは「いわなだれ」が攻撃の要になります。

オムスターは、ベンチにいるだけで、(ベンチのポケモンの数が相手より少なければ)相手のグッズを封じることができます。

デッキによってはそれだけで作戦が崩壊してしまうこともあるでしょう! カブトプスと合わせて使えば、相手がとれる行動はかなり限られてきます!

とはいえ、グッズはサポートに比べて場に干渉するカードが少ないので、封じなくてもなんとかなる場合があったりしました。と、いうことで、1枚だけ採用する形をとっています。今回のリストでは進化前のオムナイトは不採用にして、ふしぎなアメ経由を前提としていますが、その辺の枚数はお好みで調整してくださいね!

なお、1枚だけベンチに置いていても、カブトプスのおかげで「グズマ」が飛んできて倒されることがないので、その1体がバトル中残り続けることがほとんどです。

そして、先ほどお話した「カブトプスを守る方法」ですが、この2枚がカギになります。

まず、バトル場にカブトプスがいる状態で、「ブラッディアイ」のルガルガンなどで、相手の「エネルギーがついていなくて、にげるエネルギーがなるべく多い」ベンチポケモンをひきずり出します

こうすることで、相手は「グズマ」などを使って逃げられないし、エネルギーがついていなくてまともに攻撃できないので、カブトプスが安全に居座ることができるというワケです。

そうなると相手はサポートが(オムスターがいればグッズも)使えないので、とにかくエネルギーをつけることに集中します。

そこでルガルガンの「トワイライトアイ」などでエネルギー破壊をして、相手の行動をさらにジャマしていくことで、相手の戦略が進まないままカブトプスが暴れ続ける……という寸法です。

相手はサポートでドローをして手札を増やせないので、ある程度エネルギーを破壊したら、相手の手札からエネルギーがなくなってくるはず。そうなれば、完全ロックの完成です! タコ殴りにしてやりましょう!

なお、「ブラッディアイ」は「グズマ」や「カウンターキャッチャー」、「トワイライトアイ」は「プルメリ」で同じ効果を使うことができます。状況に合わせて使っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

相手のにげるエネルギーがなくなる「ゼラオラGX」、特殊エネルギーをつけているポケモンからダメージを受けない「デンジュモクGX」など、こちらのコンボを破綻させるような相手は「アローラベトベトン」の「かがくのちから」で特性を封印することで対処できます。

単純に、人気の「ジラーチサンダー」などの流行のデッキによく刺さるので、それだけでも心強いです!

なお、もしも相手のデッキを見て「かがくのちから」が必要ないと判断したら、ベトベターやベトベトンは場に出さず、ハイパーボールやプルメリの効果でトラッシュしてしまってOKです。

オムスターの「かせきのしがらみ」の効果を持続させるために、なるべくベンチは空けておきたいですからね。

「いやいや、でも最初の1,2ターンはずっと準備なのに、その間どうやって過ごすの?」という悩みにバッチリ応えてくれるのが「カプ・コケコ」。

こちらがベンチでポケモンを用意している間は、バトル場に居座って「かいてんひこう」を連打することで、しっかり時間を稼いでくれます。相手はかいてんひこうを連打されると無視できないので、仕方なく「カプ・コケコ」と戦ってくれるはず!

このかいてんひこうでダメージを与えたベンチポケモンは後々カブトプスの「いわなだれ」で追撃できるのでムダがなく、しかも相手を倒してしまわないのでオムスターの「かせきのしがらみ」の効果が発動させやすく、しかもカブトプスのために採用しているダブル無色エネルギーがそのまま使え、にげるエネルギーが0なのでカブトプスを場に出したターンにすぐ交代していきなりロックを完成させられる。

このデッキに必要なすべてが詰まっているカードで、まさに「かなめ石」です。

なお、「なぞの化石」を採用するデッキはバトルのはじめに伏せるたねポケモンが不足しやすくマリガンの回数が多くなりがちですが、カプ・コケコはそれもしっかり抑えてくれます。優秀ですね!

相手のGXポケモンに「いわなだれ」や「かいてんひこう」のダメージを与えてもちょっとダメージが足りないことがあったので、戒めの祠も採用しています。

「カプ・テテフGX」など、ベンチに居座っているGXポケモンをじわじわ追い詰めていきましょう。こちらの「ルガルガンGX」にもダメージが入りますが、どちらにせよ「グズマ」などで引きずり出されることはあまりなく、「ルガルガンGX」が戦闘ダメージを食らう場面は簡単に回避できるので、ほとんど問題ありません。

なお、相手の厄介なスタジアムを壊す役割も兼ねていますよ!

 

これらのカードを駆使して、相手が行動をとれない間にサイドをゴリゴリ貰っちゃいましょう

最後の最後、相手がやっと反撃できるかなという体制が整った頃にはもう遅い! 強力な「ルガルガンGX」2種のGXワザのどちらかで試合をシメましょう!

 

と、いうわけで、「化石の呪い」でした!

以前にもちょっとしたロックデッキをご紹介しましたが(ゲンガー&ミミッキュGX×ペルシアン×オムスター!「ようこそホラーハウスへ」デッキ紹介)、今回はそれよりもさらに強力なロック能力を持ったデッキで、決まると本当に一方的に試合をコントロールできます!

ちょっと事故が起きてしまった時でも、「ルガルガンGX」「アローラベトベトン」「カプ・コケコ」あたりの性能が単純に高いので、ぜんぜん普通に戦えてしまうのが心強いと感じました!

ぜひ、お友だちと喧嘩しない程度に使ってみてください!(笑)

化石デッキにはこんなのもあります!

[ad]

 

編集後談

ウェブサイトの管理人って、何を意識して記事を書いていると思いますか?

私は2018年の10月にこのサイトを作って、初めてのサイト運営だったものですから、私も何を意識して記事を作ればいいのかわからず、かなり色々と勉強しました。

例えば、タイトルをつけるとき。これは、検索してほしいワードをタイトルに入れることが鉄則だそうで、つまりこの記事だと「カブトプス」「オムスター」「デッキ」などがそれにあたるでしょう。

自分で書いておいてなんですけど、それで検索する人ってあまりいないのでは……と気づいてしまいました(笑)

今は書いていて楽しい記事だけをひたすら書いていますが、それプラスで検索されやすいという条件はなかなか難しいですね。

でもいつか、「ポケカ部っていうサイトめっちゃいいよ!」 っていう会話が全国で飛び交ってほしいなあと妄想しながら、日々バリバリ更新しております(笑)

今日もエンジョイ! ポケカ部に遊びに来てくださって、ありがとうございます! ちなみに、このサイトは統計によるとリピーター率が鬼のように高いらしく、愛していただいてるんだなあと嬉しく思っています。

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG