最高に面白いポケカデッキ「カウンターハイランダー」レシピ&解説!

無限の戦術がここに!KRN式「カウンターハイランダー」

こんにちは! ハイランダー芸人のインゲンです。今回は「キミのデッキが記事になる!」投稿作品です。(作成者/KRNさん)

今回はインゲンの大好きなデッキタイプ「ハイランダー」のデッキを送っていただきました! ヒャッホーウ!面白いハイランダーの時間だ~!

ポケカが上手くなりたい」「使っていて面白いデッキがいい」そんなあなたに贈る、ハイランダーの良さがギュッと詰まったデッキレシピです。

よく見たらカビゴンのマットですね! かわいい! それでは見ていきましょう!

はじめに/そもそもハイランダーって?

ひとことで言うなれば、「使っていて面白いプレイングの教科書」です。

ハイランダーとは、デッキの全てのカードが1枚ずつで構成されたデッキのことで(ポケカではエネルギーだけ例外ですが)、極限まで「できることを増やした」デッキなのですが、それだけに、無数の選択肢から「正解」を選び抜く力が試されるという、めちゃくちゃ難しいデッキでもあります。

だから、上手い人が使うと手が付けられないくらいに強い。そして、上手い人以外が使うと、めちゃくちゃ勉強になる。ハイランダーは「とにかく適当に楽しめればいいや」という方にはちょっと向かないんですが、頭を使ってカードゲーム楽しみたいというすべてのプレイヤーにおススメします。筆者のインゲンは考えている時間がとても好きなので、ハイランダーはとても面白いと感じます。

そして、ハイランダーで10戦くらい戦ってみるとわかりますが、他のデッキで100線やるくらいの経験値を得ることができるんですよね。マジで、なんど使ってもちがった展開になるので、面白いし、勉強になります。

だから、「使っていて面白いプレイングの教科書」なんですね。

このデッキの動かし方!

あまりにも幅広いデッキなので明確な「動かし方」というものはないのですが、制作者のKRNさん曰く、このデッキは主にカードをサーチすることから始まるとのこと。

ハイランダーデッキにも色々な考え方があって、「状況に合わせてサーチする」「ドローして選択肢を増やす」「とにかくカードパワーが高いカードでまとめる(ドロソが少なめでも雑に強い)」などがありますが、このデッキは「状況に合わせてサーチ」型ですね。

「ダイゴの決断」「ポケモンだいすきクラブ」や、「ボール系」など、様々なカードを駆使して、今後のゲームを有利に進めるパーツを手札に加えましょう。

この相手に有利な1枚は?」「3ターン後に必要になるカードを今のうちに手札に加えるべき?」「相手がこの行動をしてきた時のために対応できるカードを持っておこうか?」など、序盤から頭フル回転で戦います!

そして、序盤はサーチに専念して、サイドは相手に先行させる、というのがこのデッキの特徴です。

これはハイランダーの特性をよく掴んでいます。例えばパターンが決まっていて、序盤からベストな動きをしたいデッキならなるべく同じ種類のカードで固めて、何度やっても同じ動きができるように工夫するものですが、このハイランダーはその逆で、ゆっくりその場に適応したカードを集めていくので、序盤の動きが弱くなりがちです。

そこで、カウンター要素を多く詰め込んだハイランダーデッキになっているということなんですね。

そしてこのデッキのアタッカーはウルトラビーストのみなさんです。

何よりも1エネルギーで強力な攻撃ができるので、試合の流れを引き寄せやすい!

それぞれ、特定のサイドの枚数の時だけ強くなるワザですが、このデッキの充実したサーチのおかげで、それぞれがベストのタイミングで用意できるはずです!

あとは先を見越してポケモンとエネルギーを用意できるかどうかがカギです! あなたの腕が問われますよ!

カスタマイズするなら?

特殊エネルギーだけだと詰んでしまう相手(デンジュモクGX、ドンカラスGX)は、数こそ多くないですが、対策しておくとそうでないとでは大きく差が出ます。

ゼラオラGXやゾロアークGXなどにもついでに刺さる「無人発電所」、ポケモンいれかえのような役割も任せられる「あなぬけのヒモ」などは、メタカードでありながら腐ることがなくてオススメです!

ウルトラビースト主体のデッキなので、ルザミーネ◇プリズムスターも強力です!

使用できるタイミングは1度きりですが、それまでにサーチしておけばタイミングを逃すこともありません。サイドレースで追い上げを狙うとき、特に非GXデッキ相手には貴重な1ターンを得ることができるかも!

このデッキを対策するなら?

カウンターを主とするデッキだけあって、非GXデッキ相手にサイドレースで追いつきにくいという特性があるため、非GXポケモン主体で攻めることができればかなり有利に戦えます

制作者のKRNさんも、非GX相手は苦戦します……とのこと。

そして、サーチカードに対して強力なカウンターとなる「ジャッジマン」「マーシャドー」も刺さりやすいです。

手札がリセットされると作戦が崩れやすいデッキなので、これが決まれば攻撃のチャンス!

使っていて面白いデッキの重要性

ポケカをより楽しむ方法のひとつとして、「いろいろなデッキを使う」というものがあります。シンプルに色々な刺激を受けられるから飽きにくいし、色々な角度からポケカを見られるので勉強にもなります。

そこでハイランダーの何が良いって、自分の持ってるカードのあまりだけで作れちゃうという点があります。

「ハイパーボール1枚、ジャッジマン1枚……」とコレクションから引っ張ってくるだけである程度形になっちゃうのって、多くのカードゲーマーにとってありがたいですよね。

そしてハイランダーはとにかく頭を使うので、ちょっと頭をひねりたい気分のときは特にうれしい!ポケカはシンプルなデッキを使うと、どちらかというと「ボードゲーム」に近い展開になりがちですが、ハイランダーはまさしく「カードゲームしてる」デッキです。だから面白い!

ポケカの楽しさを髄まで味わえるハイランダー、ぜひあなたのお手元でも組んでみてください!

 

あなたのデッキの投稿もお待ちしておりますよ!

ちょっと前に書いたハイランダー記事もどうぞ!

編集後談「まちがえてデュエマの大会に出た話」

ここまでありがとうございます! 筆者のインゲンです。

僕はポケカの大会に出たことが無かったので、サイト運営者としてそれはマズかろうということで、このサイトを更新する頻度を少し落として、自分のデッキを練り上げる時間を作らせていただき、ポケカの公認大会に赴いてきました。

するとですよ、なんと僕は日付を1日まちがえていて、突然デュエマの大会が始まったではありませんか!

一緒に来ていた友人と笑いながら、「じゃあ、帰ろうかぁ」と言おうとしたら、突如、友だちが呟きます。

俺さ、めっちゃ古いデュエマのデッキ持ってきてるよ

はい、お察しのとおりです。なんと僕と友人は、もう誰も使っていないような化石デッキでデュエマの大会にエントリー。デュエマはポケカのようにレギュレーション落ちがないので、何年前のカードでも使えます。

そして結果は……もちろん揃いもそろっってボロ負けだったワケですが、いやぁ、楽しかったなぁ。対戦相手の方と昔のカードの話で盛り上がって、デュエマって、カードゲームって楽しいなぁと再認識しました。

というわけで、今日もエンジョイ! ポケカ部に遊びに来てくれてありがとうございます!

ちなみに、翌日しっかりポケカの大会に初参加し、2位でした! その時使ったドンカラスGX×カラマネロ(さいみんしはい)のデッキと大会レポートも近いうちに記事にしたいと思います!

>みなさんの寄付でデッキを作っています

みなさんの寄付でデッキを作っています

このサイトはほぼボランティアで活動していますが、「Ofuse」という、クリエイターに「投げ銭付きファンレター」を贈れるサービスと連携しています。
いいね! と思ったら、いいね! と思ったぶんだけ。
応援メッセージに元気をいただきながら、日々記事を書いています。

※寄付は、全額、新しいデッキの研究に使わせていただきます。
※寄付してくださった方に、感謝状の代わりにインゲンのサイン入りカードをプレゼントさせていただきます。詳しくは下記リンクからご覧ください。

CTR IMG